新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

カテゴリ: コミック

 現在、ダイの大冒険のリメイク版が放送されています。原作は三条陸、漫画 稲田浩司ですが同じコンビで作られているのが冒険王ビィトです。ダイの大冒険同様にアニメ化されており、原作の内容をアニメ化したものとアニメオリジナルものが冒険王ビィト エクセリオンのタイトルでアニメ化されておりました。二期はいまだに作られていないので漫画版を購入する事にしました。
 14巻ではビィトが自分の才牙の使い方を覚えて15巻では魔人ヒスタリオとの対決が描かれています。ヒスタリオと一緒にゾンビになったライオが敵となっている展開には驚きました。いわゆる洗脳ネタのような展開ですがゾンビになっているので珍しい展開と言えるでしょう。

マックスファクトリー figma ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

マックスファクトリー figma ドラゴンクエスト ダイの大冒険 ダイ ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: マックスファクトリー
  • 発売日: 2021/09/30
  • メディア: おもちゃ&ホビー






漫画版ナイツアンドマジック11を読みました。ウエスタングランドストーム編の続きです。基本的に小説版と同じ内容ですが微妙に描き方を違います。アニメ版の描き方とも微妙に変えているので内容を知っていても楽しめる内容になっています。
 ただ、ページ数が133ページと薄いです。それなのに600円です。ウエスタングランドストーム編は原作5巻まで。漫画版は11巻を費やしたのにやっと原作4巻まで描いたと所です。ページ数が少ないのは以前からですが11巻が一番少ないです。

ROBOT魂TRI ナイツ&マジック [SIDE SK] アールカンバー 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ROBOT魂TRI ナイツ&マジック [SIDE SK] アールカンバー 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: おもちゃ&ホビー



ROBOT魂TRI ナイツ&マジック [SIDE SK] グゥエール 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

ROBOT魂TRI ナイツ&マジック [SIDE SK] グゥエール 約130mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア

  • 出版社/メーカー: BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
  • 発売日: 2017/10/13
  • メディア: おもちゃ&ホビー



 以前の記事で七つの大罪がマンネリ化していると書いてしまいました。私と同じように思った人が多くいたのかもしれません。まんたんウエッブによると3月25日販売の第17号で完結になるようです。なんと8年も連載されていたのです。
https://mantan-web.jp/article/20200317dog00m200021000c.html
 無理にだらだらと続けるよりも完結させる方が正しい決断です。ドラゴンボールは「もうちっと続くぞ」の一言で矛盾が多い作品なってしまったので同じようになってはいけません。その点、七つの大罪には大きな矛盾は今のところありません。
 今放送中のアニメが原作のどこまでやるのかわかりませんが、引き続き視聴していきます。




七つの大罪 神々の逆鱗 クリアファイルA

七つの大罪 神々の逆鱗 クリアファイルA

  • 出版社/メーカー: アズメーカー(azu MAKER)
  • メディア:



 某本屋にて、この作品が置いてあるのを発見しました。なんと、主人公がヤムチャに転生する話のようです。
 主人公が死んで異世界に転生する話は、最近よくあります。いわゆる異世界転生ものです。例えば、「異世界はスマートフォンと共に」や「ナイツアンドマジック」です。両作品は、ネット小説から始まり、アニメ化までされました。前世で得た知識を巧みに使い、活躍するのです。
 でも、それらに登場する異世界は、作者オリジナルの異世界で、既存のものではありません。それに対して、この作品は、舞台がドラゴンボールで、しかも、転生するキャラがヤムチャという・・・とんでもなさです。
 ヤムチャは、とにかくネタにされやすいキャラです。初期のヤムチャは、わりとしっかりしたキャラでしたが、栽培マンの自爆によって死んでからは、ヘタレキャラになってしまいました。
 ネット上には、たくさんのヤムチャネタが存在しています。なんと、現在、放送中のドラゴンボール超では、ヤムチャをネタにした話まで存在するのです。さらに、漫画でもヤムチャをネタにするのか!?というのが、正直な感想です。ある意味で、悟空以上に愛されているキャラなので、ヤムチャも案外、幸せかもしれません。
 漫画を買う気もなかったので、ネットを検索しました。前編だけですが、無料で読めます。

https://shonenjumpplus.com/episode/10833497643049550354

 なんと、ヤムチャの人生のターニングポイントである栽培マンとの戦いで描かれています。本来なら、ここで、栽培マンの自爆で死んでしまうのですが、なんと生き残っています。
 漫画版では、ネット掲載分に加えて、書下ろしが追加されいるそうです。
 それにしても、ヤムチャもかわいそうなキャラです。普通の漫画に出ていれば、間違いなく主役になれる強さなのですが・・・。

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

HGヤムチャ【2016年02月発売】【限定発売品】

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア:



S.H.Figuarts ヤムチャ

S.H.Figuarts ヤムチャ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



 既に、ご存知の方も多いと思いますが、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(以下こち亀)が連載終了します。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160903-00000100-dal-ent
 ネットのニュースだけでなく新聞およびテレビでも取り上げられており、その作品の偉大さがよくわかります。累計1億5000万部は、ワンピースに比べると少ないですが、とんでもない売上です。長期連載とはいえ、これだけの量を売り上げた作品は数少ないでしょう。
 テレビに作者がインタビューに答えていましたが、意外にも真面目そうな人なので、びっくりしました。漫画の主人公の性格は作者に似ていることが多いと話を聞いたことがありますが、それはうそなのではないか。少なくとも、この人には当てはまらないでしょう。締め切りに終われる漫画家が多い中、常時、数週間分の連載ストックを書き溜めているのは、超人的です。
 40年間一度も休載なしは、すごすぎます。連載しているより休載している期間の多いマンガ「ハンターハンター」の作者には、この姿勢を見習ってほしいものです。同じジャンプ漫画とは思えないぐらいの違いです。


KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ2 両津勘吉(POLICE版)

KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ2 両津勘吉(POLICE版)

  • 出版社/メーカー: メディコム・トイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ② 6種セット

KUBRICK キューブリック こちら葛飾区亀有公園前派出所 シリーズ② 6種セット

  • 出版社/メーカー: メディコム・トイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



このページのトップヘ