新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2020年03月

前回の続きです。
③球詠
 女子野球のアニメです。女子野球と言えば八月のシンデレラナインを思い出します。ちょうど1年前の作品です。話の内容自体は王道的内容でよかったのですが、作画がひどかったのを覚えています。
 その点、このアニメはアニメMAJORを第3シリーズから第6シリーズを担当した人が監督をやるようですが、コロナの影響で一部制作が遅れているアニメもあります。このアニメはその点どうかな?と心配です。
 ストーリーは停部中の野球部を復活させるというスポーツものとしては定番のストーリーです。もう少しひねりが欲しいところですが王道である分安心して見れるというものです。シンデレラナインはゲーム原作でしたが。漫画原作だからしっかりとした作品であるはず。


球詠 (7) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

球詠 (7) (まんがタイムKR フォワードコミックス)

  • 作者: マウンテンプクイチ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: コミック



球詠 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

球詠 (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: マウンテンプクイチ
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2016/11/11
  • メディア: コミック



 前回の続きです。
 昨日の記事ではGIGAGINEに新アニメ情報が載っていないと書きましたが、本日になってやっと掲載されていました。やはりこちらの方が放送日の情報が載っているのでわかりやすいです。https://gigazine.net/news/20200330-anime-2020spring/


②アルテ
 原作未読です。イラストから異世界ファンタジーかと思いましたが違いました。16世紀のイタリアを舞台とした物語です。フィレンチェと言えばたまにテレビか何かでその名前を聞きますが、何をやっているのか全然知りません。なんとなくおしゃれなイメージが浮かぶだけです。イタリアって先進国の一つでありG7の一つであるにもかかわらずあまりにニュースで取り上げられる事が少ない気がします。最近はコロナの事でニュースになっていますが、それは例外です。
 女性が男性しかやっていない職業に挑戦するってなんだか朝ドラみたいな内容です。最近、朝ドラを見ていないので朝ドラを見る気分で視聴します。画家をテーマにした作品も初めてなのでそれも視聴する理由の一つです。

長いので続きは次回です。
アルテ 12巻 (ゼノンコミックス)

アルテ 12巻 (ゼノンコミックス)

  • 作者: 大久保圭
  • 出版社/メーカー: ノース・スターズ・ピクチャーズ
  • 発売日: 2020/01/20
  • メディア: Kindle版



アルテ 11 (ゼノンコミックス)

アルテ 11 (ゼノンコミックス)

  • 作者: 大久保圭
  • 出版社/メーカー: 徳間書店
  • 発売日: 2019/07/20
  • メディア: コミック



 もうすぐ3月も終わろうとしています。 いまだにコロナの影響が続きますが、新しい季節には新しいアニメです。いつもこの時期にはGIGAGINEで新作アニメ情報をチェックしていますが、なぜか今回はいまだに掲載されていません。これはコロナの影響で情報掲載が遅れているのか?それともたまたま掲載を忘れているのかわかりません。
 待っていても仕方がないので他のサイトで情報を調べる事にしました。いくつかのサイトがあるのですが、参考にしたのはアニメイトタイムズです。アニメグッズを販売する老舗が制作しているだけあったわかりやすくまとめられています。
 今期はコロナのせいで外出しづらいのでいつもより多めに視聴予定です。私の視聴予定作品は下記の通りです。

①天晴爛漫!
 オリジナルアニメです。キャラクターデザインが個性的ですし、レースものは珍しいです。とりあえず視聴します。

長いので続きは次回です。

 なにげなく某店に行くとコピー用紙A4 500枚が売っていました。その値段は確か400円ちょっとでした。アマゾンでコピー用紙を検索してみましたが似たようなものです。1枚当たり1円ぐらいなのです。場合によってはそれよりも安いのです。
 今の人々にとって当たり前の値段です。紙は身近にあるものであって貴重品ではありません。ですが長い人類の歴史から見れば紙が安くなったのはごく最近の事です。それ以前は紙は貴重品だったのです。そう考えていくと紙がこの値段なのは安すぎるような気がしてきました。
 なぜ急にこんなことを考えたかと思うとアニメ本好きの下剋上を視聴したからです。異世界転生した主人公が本を作るために自ら紙を苦労して作っているのが丁寧に描かれています。紙を作った事はありませんが、それゆえに紙を大事に使わないといけないと感じました。




本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅱ」

本好きの下剋上~司書になるためには手段を選んでいられません~第五部「女神の化身Ⅱ」

  • 出版社/メーカー: TOブックス
  • 発売日: 2020/06/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 最終回です。友達を自分のせいで殺された主人公は本気になりました。今まで殺す事にためらいがあったのに一切の躊躇なく引き金をひくのです。主人公の率いるクラン・・サンセット・レベーンは誰もが知る有名なクランになりました。
 面白かった作品です。普通なら2期を期待するところですが、2期を見たいか見たくないかといえば微妙な所です。今まで甘かった主人公がその甘さを捨てて非情になったからです。正義すぎる主人公も共感できませんがあまりに悪者の主人公も共感できません。
 悪者の主人公と言えばコードギアスのルルーシュがいますが妹ナナリーを守るという動機があればこそです。その動機なしであのような行動に出ていればヒット作にはならなかったでしょう。
 
ダーウィンズゲーム コミック 1-19巻セット

ダーウィンズゲーム コミック 1-19巻セット

  • 作者: FLIPFLOPs
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2019/12/06
  • メディア: コミック



ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)

ダーウィンズゲーム 20 (少年チャンピオン・コミックス)

  • 作者: FLIPFLOPs
  • 出版社/メーカー: 秋田書店
  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: Kindle版



このページのトップヘ