新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2019年03月

 かなり昔に風のザナドウというゲームあったらしいですが、それとは直接の関係はありません。同じファルコムのアクションRPGという点です。元はPSVITAで出たものを追加要素を加えたのがこの、東京ザナドウEXです。
 一番初めに思ったのが、キャラクターが軌跡シリーズのキャラクターと似ている点です。それもそのはずです。キャラクターデザインが同じ人だからです。特に、九重永遠は閃の軌跡シリーズに出てくるトワ・ハーシェルと顔が一緒です。なんと声優までも同じ野中藍です。プレイを進めていくと、それをネタにした会話がでてきます。それが、「以前にもこんな事があったような・・・」です。この以前とは軌跡シリーズに出てくるトワとの絆イベントの事を指すのです。
 キャラはともかく軌跡シリーズとはきちんと差別化もされています。軌跡シリーズは異世界を舞台にしているのに対して、このシリーズは現代の日本を舞台にしています。ただ、日本を舞台と言っても、架空の町である杜宮市が舞台だったり、導力ネットいうインターネットとは別の技術が普及しているので本物の日本とは違います。この導力ネットというのは軌跡シリーズにも出ています。
 現代を舞台にした場合、問題になるのが「なぜ10代の少年少女達が戦うのか」という事です。現代だと自衛隊や警察がいるので主人公が戦うよりも効率がいいはずです。主人公達もよりも人数が多いですし、装備も豊富です。化け物と戦うためのノウハウがあるとは思いませんが、民間人が戦うよりも的確な判断をしてくれるはずです。リアルに考えるなら民間人であり、ただの高校生が戦う必然性はないはずです。ドラゴンボールの悟空ぐらい強いなら話は別ですが、そういう事はまずないはずです。個人の力には限界があるのです。
 その点、この作品はよくできています。異界への扉を認識できるのは適格者だけですし、異界の敵にダメージを与えれるのはソウルデヴァイスのみです。殴る蹴るや通常兵器ではダメージを与える事ができません。主人公達のような適格者でないと戦う事すらできないのです。
 しかし、後半になるとその設定が崩れてしまいます。なんと霊木で作った木刀でなら適格者でなくても異界の敵と戦う事ができるのです。この木刀を使って、今までは主人公の友人で傍観者的なポジションだった伊吹 遼太が戦うシーンがでてきます。本編クリア後のアフターストーリーではプレイヤーキャラとして使えるのです。
 プレイしていて、がっかりしてしまいました。一般人でも戦えてしまうと主人公達だけが戦う理由がなくなってしまうからです。
 などと批判的な事を書いてしまいましたが良い作品でした。エンディングで続編を示唆するセリフがありましたので続編を期待していました。しかし、EX販売後、2年半過ぎましたが販売される気配はありません。ファルコム公式HPを見ましたが、販売予定になっているのは、「イース9」と「イース セルセタの樹海 改」だけです。東京ザナドウの情報は載っていません。続編は気長に待つ事にします。
 
東亰ザナドゥ eX+ - PS4

東亰ザナドゥ eX+ - PS4

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS4

イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS4

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



 前回紹介した「うたわれるもの 偽りの仮面」の続編です。前作はPS4版を購入しようとしたのですが、近くのお店になかったのでPS3版を購入しました。PS3版だからといって画質がひどい事はなかったです。今回はPS4版がお店にあったのでPS4版を購入しました。1作目はPS4で2作目がPS3で最終作である今作をPS4でのプレイです。どのシリーズも同じような画質であり特に変化はありません。違和感なくプレイできました。
 主人公はオシュトルとなっていますが、中身は前作の主人公ハクです。オシュトルが死ぬ間際にハクがオシュトルの代わりをすることを頼んだのです。すぐにばれそうなものですが、ウルゥルとサラァナがごまかしてくれています。話が進むにつれて正体が一部の人間にはばれてしまいます。ですが、キウルとノスリとムネチカはオシュトルの仮面がとれるまで全く気付いていなかったようです。
 これは全26ステージです。序盤のキウイ救出戦に3ステージを使ったので、もっとステージ数が多いのかと思ったので、「思ったよりも少なかったな」が正直な感想です。前作の17ステージから9ステージも増えているのですが、もっと増やしてほしかったのです。シリーズ最終作だから、戦闘をもっとやるべきなのでは?と思ってしまいました。
その代りなのか紅白試合とムネチカの試練が新たに追加されています。紅白試合は主人公たちが二組に分かれて、戦うモードです。相手を全滅させると勝ちですが、勝たなくても経験値が得られます。勝った場合のみBPが得られますし、負けると嫌なので勝てるように毎回頑張りました。レベル上げの為に数回やりましたが、全て勝つことができました。
 ムネチカの試練は、将棋の詰将棋のようなものです。課題をクリアするとステージによってはパワーアップアイテムがもらえます。課題を解くための思考力が重要ですが、連撃を成功させないといけない課題もあるので、タイミングよくボタンを押すというテクニックも必要とされます。全43ステージあるのですが、私は序盤の簡単なのをクリアしただけで全部クリアしようと思いませんでした。クリアするのも手間ですし、経験値ももらえないのです。ゲームクリアに必須のものではありません。序盤のいくつかをクリアしただけで残りはやりませんでした。
 難易度はずっと難しいで最初から最後までプレイしました。最終面のラスボスだけは体力が非常に高いので、「これは倒せないだろう」と思いました。基本的に攻略サイトは見ないようにしているのですが、仕方なく見ました。それを参考にすると、なんとか倒せました。
 ストーリーには一部突っ込みをいれたくなる部分がありますが、うまくまとまっています。大勢の人間が戦う戦(いくさ)の話だとリアルに描くと個人が活躍できるわけはないのですが、あまり強引な展開にならずに、主人公達の活躍が描けています。
 このシリーズは全3部作ですが、一番名作なのはこの作品です。1作目で終わりにせずによかったです。続編を期待したいところですが、これでこのシリーズは完です。

うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 下巻

うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 下巻

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray



うたわれるもの Blu-ray Disc BOX

うたわれるもの Blu-ray Disc BOX

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: Blu-ray



 以前に紹介した「うたわれるもの」の続編です。続編を購入するのか微妙な所だったのですが、他にプレイする予定のものがなかったので購入する事をしました。
 続編ですが主人公は前作のハクオロでなくハクという人物です。ハクオロとは別人なのですが似ている部分が多すぎます。亜人ばかりがいる世界なのに普通の人間である事や記憶を失っている事です。序盤でヒロインであるクオンから鉄扇を渡されるので武器も同じ鉄扇です。
 この鉄扇が出てきた瞬間、「ハクオロが使っていた鉄扇ではないか」と思っていましたが、やはりそうでした。前作との関係は最初、不明したが前作の10数年後の話です。舞台となる国はトゥスクルではなくヤマトという国です。ヤマトはなぜか昔の日本と同じ文化を持っているので、日本のどこかにあるのでは?と最初考えました。しかし、地図上で表示される場所が日本のどこにも存在しないのです。仮に日本のどこかにあるとしたら前作でその存在が明らかにされていなければいけないのですが、そんな事もなかったです。
 実は大規模な地形変動が起きているからなのでないかと考えたのですが、そんな事を思わせる描写もありませんでした。いくら考えてもわかりませんでした。後半になるとそれは明らかになりました。なんとヤマトは現代のロシアに位置する国だったのです。完全に予想外の答えでした。
 ゲームとしては前作と同じシュミレーションゲームですが、同じようにストーリーを楽しむ事を重視しているようです。バトルパートの部分は全体の2割ぐらいです。ここでバトパートに突入するのかなと思ったら、そういう部分はアドベンチャーパートのみの描写で終わらせてしまいます。
 バトルステージは17ステージしかないのです。前作が32ステージあったので約半分になったわけです。前作もバトルよりもストーリーを楽しむという要素が強かったですが、それがさらに顕著になったわけです。
 難易度は最初に決めるのではなく途中からでも変更できるというシステムを採用しています。前作は最初、普通でやり終盤で難しいに変更しました。あまりに簡単すぎた為、物足りなくなったのです。今回は難易度を最初から難しいにしました。ですがラスボスのヴライがあまりに強すぎるのです。戦闘回想を何度もやる事によってレベル上げをすれば、クリアできるのはわかっていたのです。ですが、手間がかかるので難易度を普通に変えてクリアしました。
 タイトルの偽りの仮面の意味がわからなかったのですが、最後までプレイすればその意味がわかります。全体としてはコミカルな作品ですが、ラストのある登場人物の死ぬ場面があるおかげで、コミカルとシリアスのバランスがうまくとれた作品になっております。

うたわれるもの 偽りの仮面 (通常版) - PS4

うたわれるもの 偽りの仮面 (通常版) - PS4

  • 出版社/メーカー: アクアプラス
  • メディア: Video Game



うたわれるもの 偽りの仮面 AQUAPRICE2800 - PSVita

うたわれるもの 偽りの仮面 AQUAPRICE2800 - PSVita

  • 出版社/メーカー: アクアプラス
  • メディア: Video Game



このページのトップヘ