新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2019年01月

 既に1月も終わろうとしています。新作アニメを何作か視聴しました。感想は下記です。

①魔法少女特殊戦アスカ
 ラスボスを倒す所から第1話が始まりました。ゲームでもアニメでもここで最終回を迎えるのですが、そうではありません。化け物という共通の敵がいなくなったのでテロや戦争が増えているようです。 
 なんともひどい世界ですが、悪はいつの世にも出てくるものなので仕方がないでしょう。
アスカは魔法少女として戦える力を持っていますが、積極的には戦っていません。2度ほど戦っていますが、それは友を守るためでした。
 この作品名には特殊戦とついてますが、戦いの方はそれほど細かく描写しているわけではありません。どちらかかという学生生活を通じて主人公の心の変化を描いているように感じます。戦いを嫌がるアスカですが、仲間が襲われてばかりですので、必然的に戦かわなくてはならないのです。

 続きは次回です。 
魔法少女特殊戦あすか(1) (ビッグガンガンコミックス)

魔法少女特殊戦あすか(1) (ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 深見 真
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2015/10/24
  • メディア: コミック



魔法少女特殊戦あすか(9) (ビッグガンガンコミックス)

魔法少女特殊戦あすか(9) (ビッグガンガンコミックス)

  • 作者: 深見 真
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2018/12/25
  • メディア: コミック



 実は小説版を買う予定は当初ありませんでした。アニメが2015年に前期が、2016年に後期がアニメ化されたのです。全24話も放送されたのです。多くの深夜アニメが1クール12〜13話しか放送されない中では多く放送された方です。個人的に名作だったので再びアニメ化されると思っていました。しかし、2018年末になってもアニメ化されていません。2019年春アニメを見ても、アニメ化の情報もなかったのでアニメ化を期待するはやめました。
 アニメは6巻までを描いたようなので7巻から14巻まで買って読みました。1巻から読むという選択肢も頭の中にはあったのですがやめました。アニメで内容を知っているのでわざわざ買う必要がないと考えました。
 シリーズものなのである程度仕方がないですが、アニメ化された6巻までほどの盛り上がりがありませんが十分読み応えの作品になっています。
 15巻を買いたいところですがまだ販売されていません。14巻は王竜星武祭の途中で終わりました。王竜星武祭は1対1の形式の大会です。今までなら味方であったユリスも今回ばかりは味方ではありません。
 まだまだ強敵が残っていますが、どうせ綾戸が優勝するのでしょう。ただ、優勝してもまだこの物語は終わりそうにありません。まだ、ディルクのしようとしている事が阻止していないからです。
学戦都市アスタリスク 刀藤綺凛 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

学戦都市アスタリスク 刀藤綺凛 1/8スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

  • 出版社/メーカー: アスパイア
  • メディア: おもちゃ&ホビー



学戦都市アスタリスク ユリス&アスペラ・スピーナ T.W.G. キーホルダー

学戦都市アスタリスク ユリス&アスペラ・スピーナ T.W.G. キーホルダー

  • 出版社/メーカー: グルーヴガレージ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



 次に何のゲームをしようかと考えながらゲーム専門店を回っているとこのゲームを発見しました。キャラの獣耳が特徴ですが、シュミレーションゲームとして3作品作られています。2作目をアクションゲームとしてリメイクしたのが「うたわれるもの斬」です。今回私が購入したのはシリーズ1作目です。
 基本的には将棋盤のようにマス目状に分かれたマップの上で味方キャラを動かして敵と戦うというシュミレーションゲームによくあるタイプのものです。個人的にはヴァルキュリアシリーズのようにマス目のないタイプの方が好きなのですが、そこは気にしないでおきましょう。
 この手のゲームにしては珍しく反撃が基本的にありません。味方プレイヤーが攻撃の時は相手の反撃を気にせずに戦えるのは個人的に新鮮でした。中には、反撃能力のスキルを持つキャラも存在しますが、その威力は全然大した事がありません。
 ゲーム序盤は難易度を普通にしていましたが、非常に簡単すぎました。このタイプのゲームをやりなれている人間がやれば敵から攻撃を一切食らわず倒すことができるシナリオも存在しているほどです。
 途中から難易度を難しいに変更しましたが、それでも苦戦することはなかったです。どうやら、このゲームはゲーム攻略そのものを楽しむよりもストーリーを楽しんでほしいという要素の方が強いのでしょう。2度もこの作品がアニメ化されているのもそれを裏付けています。
 30時間プレイすると最終面にきました。なんと主人公がラスボスでした。あまりに衝撃的な展開です。てっきりディーがラスボスになると思っていたので予想がはずれました(正確には、デイーと主人公が合体したのがラスボスなので予想が完全に間違っているわけではありませんが)。
 主人公はラスボスを倒すために頑張るのがゲームでもアニメでも基本であるはずなのに、その基本をあえて無視した形です。そのラスボスですが、確かに強かったのですがそれほど苦戦する事なく倒しました。
 シリーズ作品なので、あと2作品あるのですが、購入するかは検討中です。

うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 下巻

うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 下巻

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray



うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 上巻

うたわれるもの 偽りの仮面 Blu-ray BOX 上巻

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray



 最初のブログを記事を掲載したのは2010年4月18日です。今から約9年前です。最初の頃は基本的に毎日記事を書いていました。初めは下位の方にあったブログランキングも徐々に上昇していきました。最高位は確か50代でした。しかし、途中から更新するのが大変になってきたので、徐々に更新をおろそかにするようになっていました。
 ランキングも徐々に下がっていきました。訪問者数もピーク時は100以上あったのですが、20から30ぐらいに落ちてしましました。それが、この正月がひさしぶりに頑張って記事をまとめて掲載しました。
 その数10です。すると、順位も上昇しました。現在、( 48位 / 2967ブログ中 ) です。自己最高です。
 この調子でさらに順位を上げたいのですが、さすがに毎日更新はできなさそうです。時折、更新していきたいと思います。今度は掲載記事数1000を目指して頑張っていきます。




UP-BLOG  申込みが止まらないブログの作り方 (マーチャントブックス)

UP-BLOG 申込みが止まらないブログの作り方 (マーチャントブックス)

  • 作者: 佐藤 旭
  • 出版社/メーカー: 厚有出版株式会社
  • 発売日: 2018/12/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 軌跡シリーズはネットゲームの暁の軌跡以外は全てクリアしてしまいました。シリーズ続編は今の所、発表されていませんので新作を購入する事もできません。同じ日本ファルコム作品という事でイース8をプレイする事にしました。
 実はイースシリーズをプレイするのは初めてではありません。イース1&2をPS2でプレイしました。イースはやさしいRPGを長所としていました。確かにアクション面ではやさしかったのですが、1の序盤の所でつまずいてしまいやめてしまいました。2は一度もプレイしていまいません。攻略サイトを見ればクリアは間違いなくできたでしょうが、やる気がおきませんでした。リメイク版なのでオリジナル版よりは画面がきれいになっていたのでしょうが、やはり当時のPS2のゲームと比較すると画面の点で劣ります。
 さっそくイース8をプレイすると、斬・射・打の3属性に分かれています。まるで閃の軌跡シリーズを思い出させるゲームシステムです。やはり同じ日本ファルコム作品という事でシステムは似ていますね。イースのシステムをRPG用にアレンジしたのが閃の軌跡シリーズのシステムなのでしょう。
 序盤は今一つでしたが、後半は夢中になってプレイしました。早速続編をやりたいところですが、8がシリーズ最新作です。
 公式HPを見ると、イース9の情報が載っていました。でもキャラクター・システムなどの詳しい情報はありません。何人かのキャラクターが出ていますが、キャラクター名などの紹介はありませんでした。今まではずっとアドルが主人公でしたが、ついにアドルは主役降板ということなのでしょうか。それとも途中から登場するというパターンなのでしょうか。
 2019年にPS4で発売ということなのでたぶん購入すると思います。販売が楽しみです。
https://www.falcom.co.jp/ys9/

イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS4

イースVIII -Lacrimosa of DANA- - PS4

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



イース 7(通常版) - PSP

イース 7(通常版) - PSP

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



このページのトップヘ