新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2018年05月

 零の軌跡をプレイした後に、プレイしたのが碧の軌跡です。これは零の軌跡の続編です。主人公も引き続きロイドですし、他のエリィなどの3人はそのまま仲間ですが、新たにリーシャ・ノエル・ワジの3人が仲間に加わります。
 システムは基本的に前作のままですが、新たにブレイクオブジェクトなどが追加されています。これは、壺などをフィールド上で破壊できるシステムです。大抵、中が空っぽだったりしますが、セピスなどのアイテムが入っている事があります。新システムは閃の軌跡シリーズで既に体験済みなので、驚く事はありません。
 閃の軌跡でプレイするだけだとよくわからなかったクロスベル独立や大樹や基地消滅の事情がよくわかりました。さらに、前作で謎のままで終わったロイドの兄を殺した犯人の正体なども明らかになりました。
 あと、キーアが周囲の人間全てに非常に好かれていましたが、その理由も判明しました。やはり、キーアが自らの特殊能力を使い、周囲の人間が自分を好きになるように仕向けていていたのです。これについては予想通りでした。
 ラスボスを倒して、独立宣言は無効になりました。しかし、それをきっかけにして、自治州ではなくなり、エレボニア帝国に支配されてしまいました。
 一通りの区切りはつきましたが、ハッピーエンドとはいえません。エンディングで、独立に2年かかったとなっていますが、それは閃の軌跡3で描かれているのでしょうが、まだプレイしていません。PS3でティアーズ・トゥ・ティアラをプレイし始めました。PS4を買うのは、まだ先でしょう。

英雄伝説 碧の軌跡(通常版) - PSP

英雄伝説 碧の軌跡(通常版) - PSP

  • 出版社/メーカー: 日本ファルコム
  • メディア: Video Game



 前回の続きです。
 
 スピンオフ系の作品は、後付の作品だけにオリジナルの作品と設定の矛盾を起こす事がよくあります。3でも厳密に言えばあります。
 例えば、ヴァルキュリア人の人数です。1では、セルベリアの発言などから推測するとヴァルキュリア人はセルベリアとアリシアの二人しかいないはずです。それなのにリエラという3人目のヴァルキュリア人が存在しています。2のエイリアスを含めてしまえば、4人になってしまいます。
 それでも後から作ったにしては、よくできています。1の第7小隊ともさりげなく出会っている場面が描かれています。1の第7小隊は主にガリア北部が戦場でしたが、南部などのほかの戦場はどうなっているのかは詳しく描かれていませんでした。その穴を見事に埋めるように3の主人公達のいる部隊ネームレスの活躍が描かれています。
 3のアニメは、OVA2話が作られていますが、テレビシリーズは作られていません。ですが、ぜひ作って欲しいものです。

戦場のヴァルキュリア3 - PSP

戦場のヴァルキュリア3 - PSP

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



戦場のヴァルキュリア3 コンプリートガイド (ファミ通の攻略本)

戦場のヴァルキュリア3 コンプリートガイド (ファミ通の攻略本)

  • 作者: ファミ通書籍編集部
  • 出版社/メーカー: エンターブレイン
  • 発売日: 2011/03/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



 続けてプレイしたのが、戦場のヴァルキュリア3です。これは、1と同じ時間の話です。
 ハードは2と同じくPSPです。個人的には、PS3にしてくれたほうがよかったのですがPSPです。そのせいでグラフィックス面でほめるところはありません。それどころか戦場MAPの使いまわしには、がっかりしました。同じ場所での戦いというなら、まだ納得がいきますが、ぜんぜん違う場所での戦いなのに、使いまわすのです。しかも新規にMAPを作らずに2の使いまわしだから、手抜きすぎます。
 ただ、その反面、ストーリーは非常によかったです。無理やり学園ものにしていた2と違い、ちゃんと戦記ものになっています。タイトルに「戦場の~」とついているのも納得です。2は、「戦場の~」ではなく「学園の~」というタイトルの方がふさわしいくらいです。
 主人公はクルトという士官学校出たばかりの新人に変更されています。なお、ヒロインは一人でなくダブルヒロインになっています。どちらを最終的に選ぶかはプレイヤーの選択しだいです。
 ヒロインのリエラは、後半になるとヴァルキュリア人として覚醒します。1のアリシアもヴァルキュリア人として覚醒しますがイベントでしか、その力が使えません。
 ですが、リエラは違います。戦闘中にプレイヤーが任意にヴァルキュリア化できるのです。ただし、戦闘中にCPに応じた回数しか使用できません。MAPによって違いますが、大抵、1回か2回です。アリシアやセルベリアと違い、中途半端な覚醒をしてきたので、完全に能力を発揮できないという設定になっています。攻撃力は少し抑えられていますが、敵からの攻撃に関しては、全て無効にするだけの防御力があります。敵に攻撃より拠点制圧に向いているキャラです。
 見事な設定です。仮に完全に覚醒した状態だとリエラばかり使ってしまいます。まるでスパロボのニューガンダムかビルバインのようなものです。いや、この2機ですら弾切れになると遠距離への攻撃が全くできなくなりますので、それ以上のキャラになってしまいます。そうなると、リエラ一人いれば、どのMAPも簡単にクリアできることになります。それは、もはやシミュレーションゲームではありません。

 長いので、続きは次回です。

戦場のヴァルキュリア3 - PSP

戦場のヴァルキュリア3 - PSP

  • 出版社/メーカー: セガ
  • メディア: Video Game



戦場のヴァルキュリア4  - PS4

戦場のヴァルキュリア4 - PS4

  • 出版社/メーカー: セガゲームス
  • メディア: Video Game



このページのトップヘ