新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2018年02月

 昨日の続きです。


 仕方がないので、メモリーステイックを買いにお店に行きました。中古品でもよかったのですが新品しか置いてませんでした。新品は確か3000円位したと思いましたが、購入しました。
 家に戻って、プレイ開始しました。本体・ソフト共に中古品ですが、問題なくプレイできます。しかし、新たな問題が発生しました。それは、PSPは画面が小さい。そして、ずっと下を見ないといけないので、首が疲れます。スマホゲームを普段やっている人間には問題のない事なのでしょうが、そうでない私にとっては慣れていないのです。任天堂3DSもやっていたのですが、長時間はプレイしていなかったのです。せいぜい、1日1.2時間ぐらいでしょうか。軌跡シリーズは、ついついやりこんでしまいますので、4時間ぐらい連続でやってしまいました。
 このままプレイできなくもないのですが改善するためにD端子ケーブルを購入しました。これがあれば、PSPをテレビの画面で遊べるのです。ソニー製でないD端子の方が安いのですが、ソニー製のものにしました。ソニー製でなくても問題なく使用できると思いますが、やはりソニーのゲーム機なのだからソニー製の方がいいだろうと考えました。
 お店で購入を考えましたが、お店には置いてませんでした。お店の中でのPSPコーナー自体が非常に小さいのだから置いてないだろうと思っていたのですが、改めてPSPが既に昔のゲーム機になってしまっているのを感じます。
 ネットで購入したら、数日後に家に届きました。テレビにつなぐと無事テレビに画面が移りました。音も問題ありません。世間では任天堂スイッチがいまだに売れているようですが、これの特徴は携帯ゲームにもなるし、テレビでも楽しまるというものです。まるで画期的なシステムのようにニュースで紹介されましたが、PSPでも同じことができるのです。考えようによっては、PSPは時代を先取りしたゲーム機です(はず)。
 ゲーム機本体・D端子・メモリーステイックの3つを合計すると、1万2・3千円ぐらいかかったはずです。1万を超える予定ではなかったのですが、結果として超えてしまいました。でも、その代りソフトはとても安い。ソフトが300円か400円ですから。まるでファミコンのソフトを買っているような気分になるぐらいです。まとめて4本同時購入したのは、生まれて初めてでした。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PSP「プレイステーション・ポータブル」 スピリティッド・グリーン (PSP-3000SG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 スピリティッド・グリーン (PSP-3000SG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



 昨日の続きです。
 

 本体は新品を購入しようかと思いました。しかし、ネットを見てもリアルな店舗を見ても新品は置いていません。そりゃそうです。PSPなど既に終わったゲーム機ですから。ソニーの主力携帯ゲームは、PSvitaです。
 結局買ったのは、中古です。今までソフトは中古を買ってもゲーム機は新品というのを守ってきたのですが、今回は無理でした。正確な値段は忘れましたが、確か8000円ぐらいだったはずです。
 本体と同時に買ったのは4本です。①零の軌跡②碧の軌跡③戦場のヴァルキュリア2
④戦場のヴァルキュリア3 
 4本とも400円程で、格安です。いくら中古で何年も前のソフトとはいえ、破格の値段にびっくりです。お店でもPSPのコーナーは小さい面積しかなかったですし、PSPが既に終わったゲーム機だというのが続く実感させられます。ゲーム機本体もこれくらい安かったらよかったのですが。
 最初にプレイしたのは、零の軌跡です。プレイを始めようとした途端に重要な問題に気付きました。セーブするためのメモリーステイックが標準装備されていないのです。格闘ゲームなどのセーブしなくていいゲームならば問題ありません。でも、軌跡シリーズはRPGなのです。セーブは必要なのです。仮にセーブなしでクリアしようと思ったら、ゲームスタートからクリアまで休憩なしにプレイし続けなければなりません。

 
 長いので、続きは明日です。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



空の軌跡シリーズをクリアした後に、つぎの軌跡シリーズをやろうと思いました。軌跡シリーズの中で、まだ下記の通り。

①閃の軌跡3
②零の軌跡とその続編である碧の軌跡

 初めは閃の軌跡3を買おうとしました。でも、これをやるにはPS4を買わなければなりません。PS3には、まだまだ面白いソフトがたくさんあるはずですし、PS4は税込3万円ちょっとの価格です。もうちょっと安くなってからでもいいかと思いました。
 ということで、選択肢2になったわけですね。ただ、その場合、PSVITAを買うかPSPを買うかという点で迷いました。
 画面のきれいでは、言うまでもなくPSVITAです。これならフルボイスになっています。最近ではフルボイスが当たり前のような気がするのですが、PSP版ではフルボイスではありません。PSPのハードって、そんなにひどかったのでしょうか。フルボイスにするぐらいの能力を備えたハードだと思うのですが。 
 初めは、PSVITAの新品を買おうとしました。しかし、新品は、約2万円もします。さらに、零の軌跡・碧の軌跡が中古なのに滅茶苦茶高いのです。販売直後ならまたしも、ある程度したら、大幅に下がるものですが全然下がっていないのです。
 悩んだ末に、PSPを買う事にしました。「今更PSP?」と思いましたが、遊ぶソフト中心で選んだので後悔はありません。PSPには軌跡シリーズ以外に戦場のヴァルキュリアシリーズがあります。ヴァルキュリア1はPS3でプレイしましたが、2と3はPS3でなく、なぜかPSPでの販売でした。この作品に限らず複数のハードをまたいで続編が作られるのを非常に困ります。それをやるために全てのハードを購入しないといけなくなります。
 
 長いので、続きは明日です。

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

PSP「プレイステーション・ポータブル」 ミント・グリーン (PSP-2000MG) 【メーカー生産終了】

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

PlayStation Vita Wi-Fiモデル ブラック (PCH-2000ZA11)

  • 出版社/メーカー: ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • メディア: Video Game



このページのトップヘ