新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2015年04月

 今は国際化社会です。世界の共通語は英語なので、アニメの名台詞を英語にしてみました。
 
①トシ、サッカー好きか?
 週刊少年マガジンにて連載されていたシュートいう漫画の名台詞です。主人公の憧れの先輩である久保が主人公に言った言葉です。どういう場面で言ったかすら忘れてしまいましたが、この言葉は印象に残っています。
 これを英語にしてみました。
 Toshi. DO you like soccer?
非常に簡単な英語です。中学1年生の英語の問題ででてきそうなセリフです。
②バスケがしたいです
 週刊少年ジャンプに連作されたスラムダンクという漫画の名台詞です。この作品のおかげでマイナースポーツだったバスケットがメジャーなスポーツになりました。一度はバスケット部を退部した三井が安西先生に言う言葉なのです。これをきっかけとして、三井はバスケ部に復帰します。個人的には、そんなに印象に残っていませんが、どうやら名台詞らしいです。
 これを英語にしてみました。
Anzai teacher. I want to play basketbool.
これも同じく非常に簡単な英語です。中学1年生の英語の問題ででてきそうなセリフです。
③これが私の全力全開
 魔法少女リリカルなのはシリーズの主人公 高町なのはの名台詞です。彼女の最大の魔法スターライトブレイカーを発射する前に言います。その言葉通り、すさまじい威力です。見た目が派手だけでなく、強敵を倒していくのに非常に重宝します。これをセリフはめったに使わないからこそ、なのはの本気度が端的にわかるのです。
 これを英語にしてみました。
 This is my best.
これも同じく非常に簡単な英語です。中学1年生の英語の問題ででてきそうなセリフです。ネットを調べてみると、もう少し複雑な英訳があったはずですが、あえてこれにしました。

 3つとも、非常に簡単な英語で、英語にしてみると感動も何もありません。これは英語にしたからというだけでなく、名台詞というのは、そういう性質のものなのです。その状況でいうからそこそ、視聴者の印象に残るのであって、単独では何の意味もなさないものです。




魔法少女リリカルなのはStrikerS ZIPPO スバル・ナカジマ

魔法少女リリカルなのはStrikerS ZIPPO スバル・ナカジマ

  • 出版社/メーカー: ブロッコリー
  • メディア: おもちゃ&ホビー



1コマ目
社長とその部下が歩いていると、外国人が話しかけてきた。
外国人「XXXXX]
2コマ目
社長「どうやら、英語のようだ。しかし、私は英語がしゃべれない」
部下「社長!ここはわたくしが」
3コマ目
部下「こういう時は、筆談をすればいいのです。今こそ、受験で培った英語力をお見せします」
社長「おお、なんと頼もしい部下だ!」
4コマ目
しかし、相手には全く通じなかった。
実は、相手はイタリア人でイタリア語しかわからなかったのだ。
社長「期待していたのに・・・」

けいおん!  highschool (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! highschool (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2012/10/27
  • メディア: コミック



けいおん!  college (まんがタイムKRコミックス)

けいおん! college (まんがタイムKRコミックス)

  • 作者: かきふらい
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2012/09/27
  • メディア: コミック



 コードギアスは間違いなく名作でした。深夜で原作なしのオリジナルの作品であるにも関わらず大ヒットしかことからもそれはわかるでしょう。原作付に比べてオリジナルは知名度がない分だけ不利と思われがちですが、この作品の魅力の前には、そんな事は関係なかったのです。同じ深夜枠のオリジナルでヒットしたのは、魔法少女まどかマギカぐらいのものです。
 この作品は第2部から夕方に放送されました。あの印象的なラストは、数年たった今も忘れられません。ジャンルとしては、ロボットアニメに分類されますが、ロボットアニメの新しい可能性を見せてくれました。
 新シリーズが亡国のアギトです。アニメの第1部と第2部の間の空白の1年のお話です。主役はルルーシュではなく、アキトという新キャラクターで、舞台も日本ではなくヨーロッパです。
 テレビシリーズはなく、映画での展開です。全4章らしいですが、5月2日から3章が劇場公開です。それの宣伝のためでしょう。今までのテレビシリーズとアギトの第1第2章が無料放送されています。
 以前に1章を見たので、今回は2章を見ました。ロボットアニメらしく後半はロボット同士の戦いが描かれていました。時代の進歩かそれとも手抜きか?手書きではなくCGでロボットが描かれていました。CGを使うことを時代は否定しませんが、どうもCGの戦いは違和感があって仕方がありません。おまけに動きが速すぎる。ハイレベルの戦いというのをアピールしたのでしょうが、わかりづらくなっただけです。
 ラストには、ブリタリアの軍師が登場。名前こそ違いますが、その姿と声は間違いなくルルーシュでした。この軍師はルルーシュなのか?それとも偽物なのか?不明のまま第2章は終わります
 見事なラストです。3章が気になるように意図的に作られたラストです。

コードギアス 双貌のオズO2(オーツー)1

コードギアス 双貌のオズO2(オーツー)1

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: ホビージャパン
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: 単行本



コードギアス 双貌のオズO2 (1) (カドカワコミックス・エース)

コードギアス 双貌のオズO2 (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 東條 チカ
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2015/04/25
  • メディア: コミック



このページのトップヘ