新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2015年02月

昨日の続きです。

②ポプラ社版
 児童文学で有名なポプラ社での出版です。ポプラ社らしく児童向けの作品となっています、漢字は極力使わず、これでもか!?というぐらいに平仮名が使用されています。小学生・・特に低学年にとっては、その方が読みやすいのでしょう。ですが、それより上の年齢にとっては、漢字が少なくて読みづらいはずです。
 ストーリーはアニメ版を元にしつつも、原作小説に近いような所もあります。アニメ版ではビタリス死亡後、ガスパール親方の元でのこき使われる展開が待っていますが、ポプラ社版ではガロフォリ親方の元に向かいます。こき使われる事なく、そこで出会ったマチアと旅に出ます。
 ラストは原作小説と同様に本当の母と育ての母アンヌと一緒に暮らすという結末です。アニメ版では尺が足りなかったのか、レミをさらった犯人が誰かわからずじまいのラストでしたが、犯人があきらかにされています。
 表紙のイラストはアニメと同じですが、マチアとミリガン夫人とメイド(おそらく、アニメ版でのネリーに相当する)の顔が全然違います。少し違うどころではなく完全に別人です。アニメ版のイメージが強いので、キャラデザインを変更されると違和感がありまぎです。
 なお、この本にはCDはついていません。
家なき子レミ (竹書房文庫―世界名作劇場)

家なき子レミ (竹書房文庫―世界名作劇場)

  • 作者: エクトル・マロ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2005/01/01
  • メディア: 文庫



家なき子レミ (テレビドラマシリーズ)

家なき子レミ (テレビドラマシリーズ)

  • 作者: エクトル マロ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本



 家なき子レミには、アニメ版を元にした二つの小説版があります。竹書房版とポプラ社版です。私は二つとも購入し、現在も所有しています。せっかくですので、二つを比較してみる事にしました。

①竹書房版
 アニメ版を忠実に再現した作品です。アニメ版23話をなんとたった1冊の小説に納めています。すさまじい情報量です。1話をたった数ページにしてしまっているのは驚きです。買った時は、総集編のように重要なエピソードだけだと思っていたのですが・・。その分、一部シーンが地の文での説明により省略されてしまっていますが、仕方ありません。普通の小説のような書き方をしていると最低でも2冊は必要ですから。
 ただ、残念ながらテレビ未放送の3話分については1行足りとも文章化されていませんでした。これも一冊に納める為には仕方がなかった処置だったと思います。
 おまけとして本の一番後ろにCDが1枚付いています。この作品のOPとEDが収録されております。今時珍しい8cmシングルCDです。CDを買うだけでも通常1000円(と言っても、この作品のCDは新品では販売終了)はするはずなので、このおまけはかなりすごいです。CDのおまけは、この作品だけでなく、竹書房版の世界名作劇場シリーズ全てについています。
 
 続きは明日掲載します

家なき子レミ (竹書房文庫―世界名作劇場)

家なき子レミ (竹書房文庫―世界名作劇場)

  • 作者: エクトル・マロ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2005/01/01
  • メディア: 文庫



家なき子レミ (テレビドラマシリーズ)

家なき子レミ (テレビドラマシリーズ)

  • 作者: エクトル マロ
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 1996/10
  • メディア: 単行本



 某番組で賃貸併用住宅の説明がありました。自宅兼賃貸の部屋を合体させたようなものです。なるほどなと思いつつも、既視感に襲われました。なぜなら、これはトラップ一家がやったのと同じやり方なのです。
 預けてていた銀行が倒産。貯金がなくなってしまったトラップ一家はお金をかせがなくてはいけませんでした。そこで、考えたのがお屋敷の一部を賃貸にするという方法です。家族は3階に移動し、1、2階を賃貸にするのです。家賃収入で生活していくというマリア先生の作戦は見事に成功しました。
 その後、アメリカに亡命した為に、この屋敷には住んでいません。有名なサウンドオブミュジックの撮影は別の建物でやられました。2008年からこの屋敷がホテルなり、一般人でも宿泊できるようになりました。部屋によって違いますが、値段が1万円台と比較的安いです。場所がオーストリアなので、泊りに行く気はありませんが、非常に興味を持ちました。
http://www.booking.com/hotel/at/villa-trapp.ja.html#availability

トラップ一家物語 (絵本アニメ世界名作劇場)

トラップ一家物語 (絵本アニメ世界名作劇場)

  • 作者: 矢野 真弓
  • 出版社/メーカー: ぎょうせい
  • 発売日: 2003/01/01
  • メディア: 単行本



歌うトラップ一家 (アルバ文庫)

歌うトラップ一家 (アルバ文庫)

  • 作者: マリア・フォン・トラップ
  • 出版社/メーカー: サンパウロ
  • 発売日: 1997/09/20
  • メディア: 文庫



 最近、世界名作劇場関連の記事が多い当ブログですが、最近見たのは、ピーターパンの冒険です。この作品は1989年から放送され、全41話です。世界名作劇場唯一のファンタジーものです。ファンタジーだけあって、妖精がでてきたり、魔法が出てきたりします。
 冒険はイギリス首都ロンドンから始まります。ある日の夜に突然ピーターパンが家にやってきました。自らの影を探しているようです。影はウエンデイの家にあったが、ひっつかないのです。ウエンデイはピーターパンの影を縫ってやると、影が元通りにひっつきました。ピーターパンに妖精の粉をかけてもらうと、空が飛べるようになりました。ピーターパンにつれられて、ネバーランドに行きました。
 物語は前半と後半に分かれています。前半は、フック船長との戦いを描いています。後半からは、魔女のとの戦いを描いてします。やられたはずのフック船長も出てきますが、以前ほどインパクトがありません。
 個人的には前半が好きです。ピーターパンとフック船長達がワンパターンながらも毎回戦っていく話はシンプルながらも見ごたえがありました。後半に出てくる魔女ダークネスは突然現れた存在なのです。フック船長を倒してしまったために、無理やり作られた感じがしてしかったがないのです。まるでジャンプ漫画に出てくる最強の敵を倒した後に出てくる新たな敵のようです。

ピーターパンの冒険 (竹書房文庫―世界名作劇場)

ピーターパンの冒険 (竹書房文庫―世界名作劇場)

  • 作者: ジェームズ・M.バリ
  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2005/01
  • メディア: 文庫



ピーターパンの冒険

ピーターパンの冒険

  • 作者: 矢吹 透
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 1988/03
  • メディア: 新書



 78巻まで発売されて、アニメ化も何度もされたメジャーですが、2010年に最終回を迎えました。しかし、今年の3月から週刊少年サンデーで続編が連載されるようです。これは、まんたんウエッブに載っているので、知っている人は多いかもしれません。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150129-00000040-mantan-ent

 漫画の最終回を読んだのですが、続きがあるようなないようなあいまいな終わり方でした。体がぼろぼろになっても野球をやりつづけようとするラストでした。すでにプロの世界で何年も活躍していたのでお金もたくさん稼いでいるはず。生活するだけなら無理に働くなくてもいいはずなのに、現役にこだわり続ける姿に、「そこまで無理しなくても・・・」と思ったものです。
 この作品に続編があるとは思っていませんでした。長期連載のせいで、ストーリーもマンネリ化してきたので、最終回にするにはちょうどいい時期だったはずです。
 続編はどんな内容になるのでしょうか。可能性は二つあります。

1.吾郎が主人公のままで野球を続ける
2.吾郎の息子が主人公になり、メジャーリーガーを目指す

 2だと、キン肉マン2世に代表されるリバイバルブームの漫画の典型的なパターンです。これなら、主人公が違うので、心の成長や年齢に見合ったライバルを出したりと、新しい試みができます。
 反対に1だと、ファンは喜ぶかもしれませんが、ストーリーとしてはマンネリになります。吾郎というキャラクターは既に完成されているからです。ここから大きく成長する事はないと思います。
 1と2のどちからになるかわかりませんが、連載が楽しみです。

MAJOR(メジャー) 全78巻完結セット (少年サンデーコミックス) [マーケットプレイスセット]

MAJOR(メジャー) 全78巻完結セット (少年サンデーコミックス) [マーケットプレイスセット]

  • 作者: 満田 拓也
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 1995/02/01
  • メディア: コミック



MAJOR(メジャー) 77 (少年サンデーコミックス)

MAJOR(メジャー) 77 (少年サンデーコミックス)

  • 作者: 満田 拓也
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2010/09/17
  • メディア: コミック



このページのトップヘ