新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2014年09月

 昨日の続きです。

4、 まじっく快斗1412
 名探偵コナンに出てくる怪盗まじっく快斗。コナンのライバルとして登場しているキャラクターが主人公になっているのがこの作品です。ただ、これはいわゆる人気作品のスピンオフではありません。実はこのまじっく快斗の方が先に発表された作品なのです。しかも、いまだに完結してないのです。アニメではどんなラストになるのでしょうか。
5、 魔弾の王と戦姫
 ライトノベル原作です。あらすじを見る限り、しっかりとした世界観で展開されるファンタジーのようです。ただ、季刊5巻だけなので、たぶん1クールで中途半端な所で終わるのでしょう。
6.ワールドトリガー
 原作未読ですが、あらすじを見る限り戦い者のアニメでしょう。
7.七つの大罪
 少年マガジン連載のファンタジーものです。作者は以前に少年ジャンプにてライジングイパクトという漫画を連載していました。これは人気不信の為に打ち切りになったにもかかかわらず読者からの再連載を望む声によって、見事、再連載された作品です。残念ながらアニメ化までは行かなかったですが、長期の連載になりました。この頃からファンタジーっぽい絵柄でした。
8、暁のヨナ
 原作未読です。
9、俺、ツインテールになります
 原作未読ですが、パワードスーツものと言うとISを思い出させます。

 以上です。他にも棺姫のチャイカ2期など人気作品が放送されますが、1期を見ておもしろくなったので、視聴する気はありません。上記の中から1話か2話を見て、視聴継続の有無を決める事になります。

七つの大罪(10)

七つの大罪(10)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2014/08/16
  • メディア: Kindle版



七つの大罪(1) (講談社コミックス)

七つの大罪(1) (講談社コミックス)

  • 作者: 鈴木 央
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2013/02/15
  • メディア: コミック



 今は9月上旬ですので、夏アニメもそろそろ最終回を迎える時期です。10月にはその分、新作アニメが放送される事でしょう。
 GIGAGINEには2014年秋新作アニメの情報が載っていました。45作品が放送されるそうです。全部を見るのは、体力的にも時間的にも無理です。そこで、作品を 何作品かに絞って視聴していく予定です。個人的に気になるのは下記のとおり。
http://gigazine.net/news/20140906-anime-2014autumn/
1、 バディコンプレックス完結編  
 以前にテレビシリーズで放送されていたものの完結編です。一応の区切りはついていたのですが、倒したはずの敵が年老いた姿で復活していたので、続きが気になっていました。
 完結編が放送されることがわかり、大変うれしく思います。ただ、これは以前のように毎週放送していく形ではなく、前編・後編と2回に分けた形で放送のようです。
2、 甘城ブリリアントパーク
 フルメタルパニックの賀東招二が原作です。原作は富士見ファンタジア文庫で出版されているライトノベルですが、私は未読です。フルメタルパニックは原作本を購入していたのに不思議とこれは一冊も買っていません。その分、内容を全く知らないので、放送が楽しみですね。
3、 ガンダム Gのレコンギスタ
 ガンダムの新作です。しかも、今回製作するのは、ガンダム原作者の富野監督です。監督がテレビシリーズを監督するのは、ターンAガンダム以来です。ターンAは世界名作劇場的なノリとガンダムの世界観が私的に合わないと感じたので、ほとんど見ていませんでしたが、やはり富野監督あってのガンダムです。ガンダムの名にふさわしいガンダムを期待しています

 長いので続きはまた明日。

バディ・コンプレックス 6 (限定版) [Blu-ray]

バディ・コンプレックス 6 (限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



バディ・コンプレックス 1 (限定版) [Blu-ray]

バディ・コンプレックス 1 (限定版) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: Blu-ray



 なのはVIVIDがアニメ化のようです。なのはシリーズ4度目のアニメ化です。
 http://natalie.mu/comic/news/123687
 なのはVIVIDは、なのはストライカーズの数年後の話です。ストライカーズの頃は、敵に利用されるだけの存在だったVIVIDも成長して、10歳になっています。相変わらず魔法は登場していますが、今回は犯罪と戦わずに魔法戦競技をやるのです。これは、魔法を使ったスポーツなのです。今まではバトルもののアニメだったのに、これはスポコンものアニメになっているのです。しかも、魔法を使ってのものなので、新ジャンルと言えるかもしれません。
 もちろん、今までのキャラクターも登場します。本来の主役のなのはも出てきますが、主人公のVIVIDの母親として出てくるだけです。模擬戦での戦闘シーンがありますが、それ以外に戦っている場面がありますが、それだけです。試合に参加する事なく(そもそも出場資格がない)、VIVIDの精神的なサポートするぐらいです。
 アニメは来年の1月からスタートします。それ以外の詳細は明らかにされていないので、全話になるかがわかりません。原作は現在12巻まで発売しています。私は11巻まで持っていますが、完結するのは、まだ先のような気がします。
 アニメは完結するまで描くのでしょうか。それとも連載付きアニメにありがちな途中まで放送して、「続きは漫画で」みたいな事になるのでしょうか。今まで3作品とも、見事1回の放送で完結まで描いていたので、今回もそうなることを願います。

魔法少女リリカルなのはViVid (12) (カドカワコミックス・エース)

魔法少女リリカルなのはViVid (12) (カドカワコミックス・エース)

  • 作者: 藤真 拓哉
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店
  • 発売日: 2014/07/25
  • メディア: コミック



魔法少女リリカルなのはViVid(11) (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 169-19)

魔法少女リリカルなのはViVid(11) (カドカワコミックス・エース) (角川コミックス・エース 169-19)

  • 作者: 藤真拓哉
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2014/03/22
  • メディア: コミック



このページのトップヘ