新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2012年12月

「あ、みんなすまん。どうやら、FBIからの応援はいろいろあって来れないようだ」
滝は先ほどの暗い表情からとは一転した明るい表情でみんなの前に戻ってきた。
いろいろの中身が自らの左遷だとはとても言えない。
「お、そうか。無理言って悪かったな。もう応援要請の件はなかったことにしてくれ。これからも俺達で日本の平和を守ろう」
本郷が言った。
「あ、あー」
「さ、もう飯にしよう。今日は確かすき焼きのはずだ。おやっさん、そろそろご飯ですよ」
本郷はバイクのメンテナンスをしている立花に向かって言った。
「あ、もうそんな時間か。わかった。すぐ切り上げる」
本郷と立花とのやり取りを眺めながらため息をつく滝。
自分はいつまで左遷されたことを黙っているのだろうかと考え込んだ。
                 完

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



滝は一人になり、FBIに連絡をかけた。
受付の人間が出てきたが、すぐ様、上司に代わってもらった。
「なんだね。滝君。私は忙しいのだがね」
上司のマイクはいやそうな挨拶をした。
滝は緊張しつつも要件を言った。
「あー、つまりもっと人員をよこせと言うことか」
「はい、そうです」
上司は、フッと鼻で笑い、
「ばかばかしい。何でこの忙しい時にわざわざ貴重な人員を出さなければならないのだ。まったく」
「しかし・・・」
「我々は、マフィアの撲滅で忙しいんだ。今朝もマフィアに関わる事件が起こって調査隊を結成したところだ。我々の貴重な人員を君のために使うことはできない」
「しかし、ショッカーは巨大な組織です。日本での暴れ具合は今報告した通りです」
「だいだい、そのショッカーが問題なんだ。君の報告では世界規模の組織ということになっている。確かにその通りだ。しかし、彼らのやっていることはせいぜい人攫いなどの行為だ。しかも彼らは怪しげな戦闘服を着てそれをやっている。犯罪をやる時には目立たないのが鉄則だ。それもわかってない組織など恐れるに足りない」
「たくさんの人が困っているのですよ。マイク」
「君の報告では困っているのは滝。おまえとその仮面何とかって奴が狙われることがほとんだ。民間人はあまり狙われていない」
「いずれ、大勢の人が苦しめられることになります」
滝、必死の反論だ。しかし・・。
「いいかね。滝君。さっきも言ったとおり、ショッカーは三流組織だ。そんなのにかまってられない。だから、君一人だけだったんだよ。日本に行かせたのは。すごい組織だったら、銃も持たないで行かせたりしないし、もっと人員を出しているよ」
マイクは一気にまくし立てるようにしゃべった。
そのスピードからさっさと話を終らした本来の仕事に戻りたいという気持ちが滝には感じられた。
「そこを何とか・・」
「くどい!」
マイクは怒鳴り声をあげた。
「日本に向かわせる前にも言ったのだが、もう一度言おう。君は左遷された身なんだよ
その君がなんでそんな好き勝手な意見を言えるんだね。えっ」
実は、滝はある重要な事件で大きなミスを犯して犯人を取り逃がした。
クビになりかけたところを親しかったある上司によって救われ、左遷ですんだのだった。
もちろん、この事実を本郷達は知らない。
「とにかく、後は君は適当にやりなさい。それじゃ」
その言葉を最後に一方的に電話は切られた。
受話器から流れる音を聞きながら、滝は過去の左遷が決まった時のことを思い出していた。
思い出したくない記憶だったはずだ。だから、日本に来てから過去を振り返ることをやめていた。
いっそ、過去の記憶がなくなればいいのにと思った時も何度かある。
「だから、連絡したくなかったんだよ。俺は」
滝は一人呟いた。





仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



滝は別室で治療中。
立花と本郷はロビーでくつろいでいる。
「なあ、たけし」
「なんですか、おやっさん」
「最近、敵怪人が強くなってきてないか。以前なら滝でもかなり善戦していたのだが、最近では、滝も怪我をすることが多くなってきた。今日も怪我をしてきた」
「確かに、怪人が強くなってきたのは俺も感じますね。ショッカーもどんどん世界征服に本腰を上げてきたのでしょう」
「そうだろ。そろそろ、俺らもそれに対して策を練った方がいいじゃねえのか」
「新しい技ですか。それなら。ライダー大車輪やライダーきりもみシュートとか、いろいろ考えたじゃないですか」
本郷はあの苦しかった特訓の日々を思い出していた。
特に、ライダー大車輪はひたすら走る技だったので、大変疲れた。無事完成した今になっても、よく体得できたものだと時々思う。
「いや、そうじゃなくて・・つまり、FBIの応援がもっと欲しいってことだよ。滝のがんばりが足らないと言うわけではないのだが、どうもショッカーの進歩の早さに押されているのが現状だ。対して、俺達は、ライダー2人と滝が戦力だ。しかも一文字は南米のショッカーを倒すために日本にはいない。お前ら二人ではこれからの戦いきついと思う。FBIは世界的な規模の組織なんだし、もっと人員を出せると思うんだ。10数人ぐらい応援を要請したほうがいいとおもうのだ」
「戦力アップですか。確かに私もそれは考えました。しかし、それでは滝の頑張りを否定するようで言いにくいですね」
「それはわかっている。しかし、このままにしておくとショッカーとの戦いでおまえ達が命を落としてしまうかもしれないぞ」
本郷はしばらく考えて、
「わかりました。おやっさん。俺が言って見せます」
「頼んだぞ。たけし」
そこへ、滝と女が帰ってきた。
滝の腕は三角巾でつってある。
どうやら、治療はすんだようである。
「お、二人ともおかげで大丈夫だ。さすがに、まだ痛むけど。1週間もすればすぐに治るだろう。そうすれば、また、ショッカーと戦える」
滝はいつも以上に元気よく振舞った。
「滝、実は・・」
本郷は思い切って、話を切り出した。
やや勇気のいる行動だったが、滝のことを考えたら、早いほうがいい。
「何だ。本郷」
「ショッカーもどんどん強くなっている。そこでだ。FBIの本部からおまえ以外に応援を要請してほしいんだ」
「えっ」
滝の顔が青ざめた。
「いや、別におまえが役に立たないと言っているわけじゃない。今までだって、おまえのおかげで、何度か助けられたし、これからも助けてもらおうと思う。しかし、おまえ一人では、戦力的に厳しくなっている。戦闘員ならおまえでも充分だが、怪人との戦いになると、どうもおまえだけでは頼りない。だから、せめて連絡でも取ってくれ」
「いや、しかし・・」
滝は口ごもる。
「た、頼む。滝」
おやっさんが駄目押しのお願いをした。
「FBIもいろいろと忙しいし・・・」
そう言いながら、滝は二人の顔を見た。
真剣な顔が二つ並んでいた。
「わかりました。連絡してみます」

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

仮面ライダーウィザード 変身ベルト DXウィザードライバー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー






「あ、本郷」
仮面ライダーは変身を解き、元の姿に戻った後、滝のところに帰ってきた。
「怪人は無事倒した。けがは大丈夫か」
「あー、たいしたことはない」
と言って、滝は傷口を見せる。
「ほら、ちょっとしった右手の怪我だ。少し腫れているが、一週間もすれば治るだろう」
「それはよかった。だが、その様子では、一人では帰れそうもないな。よし、俺のサイクロンに乗れ」
本郷は、滝をサイクロンの後ろに乗せた。
「いつもすまねえな」
「なあに、気にするな」
本郷は、エンジンをかけた。マフラーから煙が勢いよく吹き出した。
「俺の体と違って、おまえのサイクロンはいつも元気がいいなあ」
「なあに、おまえの体もすぐ元通りになる。それより、しっかり捕まっていろ。ゆれるからな」

ここは、立花レーシングクラブ。
いつもの通り、おやっさんがバイクの整備をしている。
「会長、そろそろ一息入れたら、さっきから頑張りすぎじゃないの」
そう言って、女はお茶をおやっさんの前に差し出す。
「それもそうか」
立花は時計を見た。
「あ、もう5時か、整備に打ち込んでいると時間がたつのは早いな」
立花は、お茶を一気に流し込む。
「あー、うめえなー」
扉がゆっくり開いた。
「おやっさん、ただいま」
本郷は、滝を背中に背負いながら言った。
「どうしたんだ、滝」
立花は、すぐ様、滝の元にやって来た。
「あ、たいしたことはないですよ。おやっさん。ちょっとショッカーの怪人にやられてしまっただけですよ」
「医者を呼ぶか」
「いえ、軽い怪我ですから、ちょっと手当てしてくれたら大丈夫です」
と言うわけで、備え付けの救急箱を使って治療が開始された。

仮面ライダーウィザード 赤外線コントロール マシンウィンガー

仮面ライダーウィザード 赤外線コントロール マシンウィンガー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



仮面ライダーのオリジナル小説です。滝一也の秘密の設定は私が勝手に作ったものです。

仮面ライダー 「滝一也の秘密」第1話

「いけ」
怪人ガニコウモルは戦闘員に命令を下した。
「キー、キー」
ショッカーの戦闘員がおなじみのおたけびを上げた。
そして、そのまま仮面ライダーと滝に向かってくる。
「てめらなんかいちころだ」
滝はそう言って、戦闘員の一人をなぐった。
「やるな、滝。なら、俺も」
仮面ライダーは滝に続いて、戦闘員を倒していく。
戦闘員は弱いので、2、3分で全員を倒した。
「くそー」
それを見たガニコウモルはくやしそうな声を上げる。
「後はおまえだけだ。観念するんだな」
滝はガニコウモルに一人突っ込んでいった。
「滝、一人では無茶だ」
しかし、滝は仮面ライダーの忠告を聞かず、相手にパンチを放った。
攻撃は見事にあたり、滝はすぐに連続攻撃を加えていく。
しかし、ガニコウモルは全く効いていないようだ。
「人間の力など所詮こんなものだ」
ガニコウモルは滝に向かって体当たりを食らわした。
「うわー」
滝はまともに吹っ飛んで、地面に転がる。
「滝、大丈夫か」
仮面ライダーがすぐさま駆け寄った。
「大丈夫だ。それよりはやくあいつを」
滝はガニコウモルの方を指差した。
見ると、ガニコウモルは逃げ出そうとしていた。
おそらく、戦況が不利と呼んだのだろう。どんどん、二人との距離が遠くなっていく。
「ハッハッハッ、さらばだ。ライダー」
ガニコウモルは捨て台詞を吐いた。
ライダーはすぐさまサイクロンに乗って追跡。
いかに怪人と言えどもバイクに勝てないらしく、すぐに追いついた。
仮面ライダーはバイクに乗りながら、ジャンプした。
「とお」
そして、空中でくると一回転した。
「ライダーキック」
おなじみの必殺技を繰り出した。
ガニコウモルは逃げている途中だったので、後ろ向きだった。
攻撃は見事にあったり、がけに落ちていった。
そして、地面に当たった瞬間、大爆発が落ちた。
仮面ライダーは爆発のところを観察して、怪人が死んだのを確認した。
「ふー疲れたぜ」
今回も無事倒せた。しかし、どうも最近怪人が強くなっている

仮面ライダーウィザード 赤外線コントロール マシンウィンガー

仮面ライダーウィザード 赤外線コントロール マシンウィンガー

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

仮面ライダーウィザードリング4 10個入 BOX (食玩)

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー



このページのトップヘ