新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2011年07月

 夏がやってきました。例年通りに、猛暑が続いています。原発の影響もあり、節電が叫ばれており、お店に行けば、一部明かりが消されています。
 クーラーなしで過ごして節電したいとところですが、さすがにそうはいきません。しかし、たまにそれほど熱くない日もあるので、そういう時はうちわと扇風機を併用して暑さをしのいでいます。
 私が使用しているうちわはけいおん!の梓のうちわです。けいおん!ローソンキャンペーンの時に入手したものです。入手した当初はまだそんなに暑くなかったので、あまり必要性を感じませんでしたが、今やその必要性を日々実感しています。
 世間でも痛うちわがひそかにブームのようでMANTANウエッブにもその事を載っていました。記事では痛うちわだけでなく痛扇子なども紹介されていました。
 うちわはアナログな道具ですし、涼をとるのに手を動かさないといけませんが、電気を使用しないので、エコな商品です。
http://mantan-web.jp/2011/07/24/20110723dog00m200034000c.html

けいおん!! 中野梓 水着ver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成)

けいおん!! 中野梓 水着ver. (1/7スケール PVC製塗装済み完成)

  • 出版社/メーカー: アルファマックス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



けいおん! 中野梓 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)

けいおん! 中野梓 (1/7スケール PVC塗装済み完成品)

  • 出版社/メーカー: Max Factory
  • メディア: おもちゃ&ホビー



 それなりに期待して見始めた新作アニメですが、個人的にあまりよくありません。既に視聴を打ち切ったアニメは下記の通り。けっこう酷評していますので、ファンの方は読まないほうがいいですよ。




1、セイクリッドセブン
サンライズ製作ということで期待していましたが、これといった目新しさはありません。特殊な力を持った石という設定にも斬新さはありませんし、なぜかメイドが出てくるというのも不自然です。
2、BLOOD-C
あのBLOODシリーズの最新作ということで期待していましたが、前作とはまるで別物です。確かに少女が剣を持って怪物と戦うというところは一緒ですが、それ以外は別物です。
3話まで見ましたが、日常パートと戦闘パートが完全に切り離されていて、関連性が全くありません。普通ある程度のつながりがあるからこそおもしろいのですが、製作者はそれがわかっていないのでしょう。戦闘シーンもセリフなしの純粋なバトル。しかも1対1なので、変化が全くありません。CLAMPキャラクターデザインということで、第2のコードギアスになることを期待していたのですが、期待はずれです。
3、ロウきゅーぶ
萌えキャラがバスケットをやる話です。スラムダンクのような本格バスケット漫画を期待していたわけではありませんが、キャラクターの可愛さ以外何もない話です。大正野球娘のようなアニメを期待していたのですが・・・

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/03/22
  • メディア: コミック



花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: コミック



 花咲くいろは16話を見ました。
 映画の撮影は次々と進みます。緒花だけでなく女将も映画に出演するようです。女将の撮影が始まり、みごとな演技力を披露します。
 そんな中、皐月からの電話が女将にありました。皐月が言うには、この映画化の話は怪しいというのです。しかし、皐月の助言もむなしく、契約書にはサインが押され、そしてついに映画監督が姿を消しました。
 騙されたと気づく旅館の人々。この情報はすぐに町の他の旅館にも伝わり、噂話が始まります。状況説明の為に女将が行きました。本来なら中心となった緑が行くべきところです。

 やはり映画の話は詐欺でした。予想通りの展開です。ただ、それを皐月が事前に警告の電話をくれるとは思いませんでした。皐月は旅館の事をなんとも思っていないと思っていましたが、そうではないようですね。これも緒花の薦めで旅館に一泊したのが影響しているのかもしれません。
 次回から騙されたお金を取り返す話が始まるのかと思ったら、予告を見る限りそうではなさそうです。

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/03/22
  • メディア: コミック



花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: コミック



 花咲くいろは15話を見ました。
 緒花の旅館だけでなく町の旅館は軒並み不景気です。世間の不景気だけでなく先日の雑誌によって悪い評価をもらったことも関係しているかもしれません。女将を中心とした会議に緒花達も参加しますが、これといった解決策は出てきません。
 そんな中、崇子が喜翠荘を舞台した映画の話を持ってきます。映画ができれば、舞台である喜翠荘はお客様がやってくるという話ですが、それには映画の出資金を出さないといけません。緑はこの話に乗り気です。いつもは反対しそうな女将ですが、今回は黙認する方法です。
 映画の話は次々と進み、映画の撮影も始まりました。旅館のみんなも映画の出演者となるそうです。

 映画化なんて、おもってみない展開です。地味な印象のあった喜翠荘には似合わない企画です。それゆえに緒花だけでなく他の従業員も浮かれてしまうのもわかりますが、どうも話が変です。有名人が主演となっていますが、なぜかまだみんなの前に姿を現しません。最後にかかった電話も気になりますし、実はこれは詐欺なのではないでしょうか。崇子が持ってくる話にいい話があるはずがありません。

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/03/22
  • メディア: コミック



花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

花咲くいろは(2) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: P.A.WORKS
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2011/07/22
  • メディア: コミック



 神様ドォルズ3話を見ました。
 阿幾は村の人間によって護送されていましたが、あっさり逃げてしまいました。逃げる際に村の人間を二人殺してしまいました。
 再び匡平の前に姿を現した阿幾。匡平が案山子を使えないからなのか態度がすごい強気です。匡平もなんとかしたいと思うのですが、やはり案山子がないのは致命的なハンデです。
 そこに匂司朗が現われて、阿幾と対決が始まりました。途中、匂司朗はピンチになりましたが、桐生の加勢もありなんとか勝利しました。敗れた阿幾は久羽子に見つけられました。久羽子は先日の超常現象に興味を持っていたので、その秘密を握っていそうな阿幾に興味津々です。
 
 阿幾が匡平の前に再び現われましたが、予想通りの展開です。普通のアニメの主人公なら、ここで自分も案山子を出して対決が始まるはずですが、そうはなりませんでした。匡平はかつて案山子を操作できましたが、現在案山子は操作できないのです。
 変わりに匂司朗と阿幾の対決が始まりましたが、具体的描写に欠けるものの見事な戦闘シーンでした。案山子の神秘性とそのずば抜けた能力をしっかり表現できていました。

神様ドォルズ 1 (サンデーGXコミックス)

神様ドォルズ 1 (サンデーGXコミックス)

  • 作者: やまむら はじめ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2007/07/19
  • メディア: コミック



神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)

神様ドォルズ 9 (サンデーGXコミックス)

  • 作者: やまむら はじめ
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2011/07/19
  • メディア: コミック



このページのトップヘ