新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2011年03月

 スパロボOG2.5クリアしました。
 最終面をクリアするのに、9ターンかかりました。OG2の最終面が28ターンだったので、それに比べるとスムーズにクリアできました。ヴァルシオン改の体力が30万だったので、もっと時間がかかると思っていたので、その点は意外でした。
 この勢いでOG外伝を購入する事も検討しました。実際の店頭ではいくらで売っているのかまだ見ていませんが、アマゾンで調べて見ると1150円です。送料が340円かかるので、1490円の安さです。手頃なお値段になっていますが、まだ商品は購入していません。
 OG2.5を含めて全104話とスパロボ最高の長さだったからゲームプレイは一時休憩としたいと考えています。他にも購入を検討しているゲームもありますので、プレイするのはもうしばらく後の事になるでしょう。
 このブログでもしばらくはゲームネタをお休みして本来のアニメネタに専念します。

スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き

スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



 スパロボOG2をクリアするとOG2.5がプレイできます。これはOG2のその後の話です。ネットを調べて見ると所詮OG外伝の体験版に過ぎないという意見もありましたが、とりあえずプレイしていました。
 OG2のセーブデータを利用してOG2.5をプレイするわけですが、始めに「ニューゲーム」と「クリアデータ」が選べます。始めは「ニューゲーム」でプレイを始めて3話までいきましたが、「クリアデータ」なら資金を一部持越しという事を知ったので、「クリアデータ」で1話からやり直しました。
 1話からコウタという新キャラクターが登場します。ファイターロアというこれまた新キャラクターが現れて、彼の導きによって、コンパチカイザーに載って敵と戦います。どことなくグラヴィオンに似ているデザインですが、関連性はなさそうです。既存作品のロボットでなくオリジナルのロボットのようです。スーパー系の機体のようなので、攻撃力に優れています。
 このOG2.5は全12話です。




スーパーロボット大戦L(特典なし)

スーパーロボット大戦L(特典なし)

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



 スパロボOG2クリアしました。
 初期配置にはアルフィニイとアインストが数機出現しています。最初の勝利条件はアルフィニイを倒す事。いきなり倒してもいいのですが、最終面なのでラスボスが出てくることはわかっています。気力が上がっていない状態で戦うのは非常に危険なのでまずアインストを倒す事にしました。
 私の場合は、難易度ハードでした。この場合、アインストは1万以下の雑魚タイプのものでなくHPが10万以上あるタイプのものだけが出てきます。1機倒すだけでも非常にやっかいです。難易度は熟練度によって決められるので、少し熟練度をあげすぎたのかなと少し後悔しました。
 アインストに全力攻撃をしかけるわけにはいかないので、なるべく精神コマンドを使わないで戦いました。熱血を使わないで「ひらめき」と「不屈」を使って少しづづ体力を削っていくのです。当初の予定では全アインストを倒す予定でしたが、時間があまりにかかったので、数機倒した所で、アルフィニイを倒しました。
 ついにラスボスの登場です。アインストの親玉(作中では女王蜂とも呼ばれていました)は体力が高く、おまけに与えるダメージを半分にしてしまうバリア持ちです。マップ兵器も持っているので、うかつに近づけません。
 各機体は戦艦に収容して体力・EN・SPを回復させてから攻撃開始です。ます、やっかいなマップ兵器をどうにかしないといけません。数機だけ近づけてマップ兵器を使わせます。
 ラスボスのマップ兵器がなくなったら、総攻撃です。ラスボス周辺に味方機体を集めて合体攻撃を中心としたバリア貫通攻撃をしまくります。攻略サイトを見ると、エナジードレインなどでENをなくしてバリアを使えなくしてから戦うという方法も紹介されていましたが、めんどうなのでやっていません。
 総攻撃から1ターンでラスボスを倒しました。これならもうちょっと体力が高くても倒せたはずですが、クリアに時間がかかりすぎました。なんと28ターンです。私のスパロボ至上最高ターン数です。
 効率よくやればもっとうまくできたのでしょうが、堅実な進め方・・・つまりは戦艦に戻って体力を回復させてからの攻撃だったので、こんなに時間がかかりました。




スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き

スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き

  • 出版社/メーカー: バンダイナムコゲームス
  • メディア: Video Game



 魔法少女まどかマギカ第10話「もう誰にも頼らない」を見ました。
 今回は9話の続きではなく、ほむらの過去が明らかになる回でした。今までほむらは謎の少女として登場としていました。冷たい言動が特徴で、彼女がなぜまどかを魔法少女にしたがらないのか。なぜワルプルギスの夜の事や魔法少女の本体がグリーフシードである事を知っているのかが謎でした。
 その全てが明らかになった回でした。ほむらは未来からタイムスリップしてきた少女だったのです。しかも1度だけでなく何度もそれを行っています。全てまどかを救うためです。
 今まではどちらかと言えば(特に初期の頃は)悪者っぽく見えていましたが、実は善人でした。全てまどかを救う為にあえて悪役を演じていたのです。ブログの記事を書くために8話9話と再度見ましたが、彼女のつらさが今ならわかります。

魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: 原作:Magica Quartet
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2011/03/12
  • メディア: コミック



魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: 原作:Magica Quartet
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2011/02/12
  • メディア: コミック



 魔法少女まどかマギカ第9話「そんなの、あたしが許さない」を見ました。 
 グリーフシードが曇りきったので、さやかは魔女になってしまいました。当然、結界を作り出したのですが、杏子とほむらは脱出します。さやかの肉体も一緒に持ってきます。
 その肉体を見たまどかは泣き出します。彼女達は親友だからです。悲しい場面なのに、ほむらは平然とします。「それでも人間か」と杏子はほむらを責めますが、ほむらは平然としています。死体が人に見られないように忠告を残し、ほむらは去っていきました。
 家にまどかが戻るときゅうべえがやってきます。きゅうべえの目的は自分達のエネルギー問題を解決する為だったのです。エネルギーを最も効率的に手に入れる方法が感情の起伏が激しい思春期の少女だったのです。まどかはきゅうべえを非難しますが、きゅうべえは平然としています。

 ますますきゅうべえが悪者に見えてきました。この9話できゅうべえの目的はわかりましたが、エネルギー問題を解決する為だったのです。エネルギー問題は現代の地球においても深刻な問題の一つですが、その解決方法に人の心を利用するなんて最低です。その上、魔女化した魔法少女と魔女に殺された人々と多くの犠牲が出ています。その数はものすごいものになるはずです。
 それなのに、その点を非難されてもきゅうべえは平然としています。人間と価値観がまるで違うので、まどかがなぜ非難しているのかすらわかっていないようです。ますますきゅうべえが悪者に見えてきました。
 この9話にてさやかと杏子は死んでしまい、魔法少女はほむらのみとなってしまいました。数日後のワルプギスの夜を乗り越えるにはまどかが魔法少女になる必要がありますが、それではきゅうべえの狙い通りになってしまいます。

魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ (2) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: 原作:Magica Quartet
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2011/03/12
  • メディア: コミック



魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

魔法少女まどか☆マギカ (1) (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)

  • 作者: 原作:Magica Quartet
  • 出版社/メーカー: 芳文社
  • 発売日: 2011/02/12
  • メディア: コミック



このページのトップヘ