新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2010年10月

 俺の妹がこんなに可愛いわけがない4話を見ました。
 オフ会で知り合った黒猫とはその後も交流が続いています。お互いの好きなアニメに対して厳しい批判をするものの楽しそうです。兄である京介はその様子を見て妹の悩みは解決され、自分はもう何もする必要はないと感じました。
 しかし、そんな時事件が起こりました。自宅にて桐乃と父がぶつかったのをきっかけに桐乃がエロゲーをプレイしているのがばれてしまったのです。厳格な父はそれを許しません。桐乃に対して説教をしてきます。桐乃は一言も反論できませんでした。
 このままではエロゲーは捨てられてしまいますし、いずれは桐乃の部屋にあるアニメのDVDも見つかってしますでしょう。そこで京介は父と二人きりで話をすることにします。
 家の居間で桐乃がアニメの事をどれだけ好きかを説明します。なんとか父にアニメの事に関しては認めてもらったもののエロゲーだけは認めてもらえませんでした。エロゲーには当然ながら18禁の文字が入っており、中学生がエロゲーをやっては駄目という父の言う事は正論です。しかし、このままではエロゲーは捨てられてしまいます。
 そこで京介はエロゲーを自分の物と言い張り、桐乃のパソコンを使ってプレイしていたと言います。その上、エロゲーをやって何が悪いと言い出しました。怒った父は京介の顔面にパンチを1発お見舞いしました。殴られた跡が残りましたが、桐乃からは「ありがとう」という今までなら考えらない感謝の言葉をもらえました。

 父と勇気をふりしぼって話しあう京介が今回の見所です。京介は容姿・性格共にぱっとしない人物ですが、この回の放送で京介のイメージがよくなりました。あの態度の悪い桐乃が「ありがとう」というのも理解できます。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【通常版】 [DVD]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 1 【通常版】 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2(通常版) [DVD]

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 2(通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



 テレパシー少女蘭4話「蘭を呼ぶ花~闇からのささやき」を見ました。
 蘭と翠は出会った時の印象は最悪でしたが、今ではすっかり仲良しです。お互い悪口を言いながらも楽しそうです。ある日、蘭と翠と留衣の3人で休みの日にどこに旅行に行きたいかを話し合いました。蘭と翠が選んだのは旅行するにふさわしい場所でしたが、留衣が選んだのは疾風村でした。ここは雑誌に載っているものの観光名所という場所ではありません。不思議に思う蘭と翠ですが、留衣自身ここをどうして選んだかわかりません。
 その晩、翠を蘭の家に連れていきました。家には夕食を作る為に凛がいました。凛を見た翠は一目ぼれ。態度もあからさまに違い、蘭達に対するそれとは明らかに違います。
 夕食の時に、蘭の父、論平から疾風村の話題が出てきます。これは偶然ではなく何か理由があるのだろうと思い、3人は父と一緒に疾風村に行くことします。
 疾風村は予想通り、怪しい村でした。一見するとただの田舎なのですが、村人が操られていたり、滝沢の心の中にバリアーが張られていたしました。滝沢の友人中井は何かを知っているようで、滝沢と二人きりで話がしたいと言います。しかし、中井がその為に滝沢の家に訪問するとあいにく留守でした。しかも何か不思議な力によって、中井の乗る車が動き出しました。翠が超能力でなんとかしようとしましたが、駄目でした。車は激突して中井は大怪我を負いました。

 原作では1巻の狙われた街の時に翠と凛は出会うのですが、アニメではなぜか二人は出会いませんでした。おそらくそれは2話にアニメオリジナルシーンを入れすぎてしまった為に出会うシーンを入れる余裕がなかったのかもしれません。
 この4話でついに二人は出会うのですが、翠の一目ぼれするのは原作と同じです。凛は不細工ではないですが、かといってイケメンでもないので、翠の好みはよくわかりません。しかし、せっかく出てきた凛ですが、残念ながら今回の冒険に不参加になってしまいました。

テレパシー少女 蘭 2 [DVD]

テレパシー少女 蘭 2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD



テレパシー少女 蘭 3 [DVD]

テレパシー少女 蘭 3 [DVD]

  • 出版社/メーカー: NHKエンタープライズ
  • メディア: DVD



 伝説の勇者の伝説16話「微笑まない女神」を見ました。
 冒頭から残虐なシーンが出てきました。とても昼間には放送できなさそうなシーンでした。以前にも同じように残虐なシーンがあり、これが深夜に放送している理由がよくわかります。 フェリスの暗い過去でしたが、そんな体験をしているのに、それを感じさせないフェリスはすごいです。両親から出来損ないと言われていたフェリスでしたが、今ではかなり強くなっています。おそらく影で相当な努力をしたのでしょうね。
 気になるのはルシルの正体。今までも常に超人的な力を発揮してきた人物だったので、ただものではない思っていましたが、今回の放送から推測するに何か特殊な方法で強さを見つけているのでしょうね。ローランド領内の中でしか活動できないのもそのせいなのでしょう。
 次回のタイトルは「殲滅眼(イーノ・ドウーエ)」です。ティーアという新キャラクターが登場しました。HPによると、ティーアは殲滅眼の持ち主のようです。不気味に笑っているシーンが掲載されていますが、なんとなくコードギアスのルルーシュを連想させます。
 私は原作未読なので、ティーアの事はこれ以上詳しく知りませんが、ヤフーで伝説の勇者の伝説と検索すると、「伝説の勇者の伝説 ティーア」という選択肢が出てくるので、相当な重要な人物なのでしょうね。

 ミルキィホームズ2話「ポケットにパンを」を見ました。
 屋根裏生活が始まりました。そのあまりに貧しい生活のせいで心まで貧しくなってしまったのか、けんかばかりしています。コーデリアはその様子を残念に思っています。
 さらには食事も貧相なものに変わっており、他の生徒達が腹いっぱい食べている中、4人だけは食堂の片隅で食事をさせられています。その内容も生きていくのに最低限必要なぎりぎりの量でお腹がいっぱいになるわけがありません。屋根裏の時と同じくまたけんかが始まりました。その様子を見てまたもコーデリアは悲しい気持ちでいっぱいです。
 ある日、子猫を拾いました。その子猫にかまぼこという猫らしくない名前をつけました。学園はペット禁止ですが、ひそかに飼う事にしました。かまぼこのかわいらしさのおかげかすっかり仲良くなった4人。
 しかし、事件が起きました。食堂にあったパンが何者かに盗まれるという事件が起きました。4人が疑われるのですが、実は犯人は、かまぼこでした。その事を知ったコーデリアはかまぼこをかばって自分が犯人だと言い出しました。
 コーデリアは罰として牢屋に閉じ込められました。しかし、他の3人はコーデリアが泥棒をしたとは信じられませんし、このままだとコーデリアは退学させられます。3人は真犯人を探す為に活動を開始します。
 調査の結果、真犯人はかまぼこでした。コーデリアは牢屋から出され、退学を取り消されます。かまぼこを飼っていた事がばれましたが、会長の計らいにより、飼うことが許されました。

 トイズを復活させる為に奮戦する話になるのか思ったら、そんな展開は一切なかったです。それどころか貧しさのあまりチームワークを失ってしまった4人。物語の最後にはなんとか元通りの仲になりました。
 それにしてもアルセーヌは二度と立ち直らせないようにしようと口では言っているものの詰めが甘いですね。敵役として登場としたアルセーヌですが、その役になりきれていませんね。
 残り3ヶ月までになんとかしないといけないのに、今回とくにその為の行動をしなかった4人。これで期限までに無事トイズを復活させれるのでしょうか。

正解はひとつ!じゃない!!

正解はひとつ!じゃない!!

  • アーティスト: シャーロック・シェリンフォード(三森すずこ),譲崎ネロ(徳井青空),エルキュール・バートン(佐々木未来),コーデリア・グラウカ(橘田いずみ),畑亜貴,こだまさおり,山口朗彦,鈴木裕明
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/10/27
  • メディア: CD



雨上がりのミライ

雨上がりのミライ

  • アーティスト: シャーロック・シェリンフォード(三森すずこ),譲崎ネロ(徳井青空),エルキュール・バートン(佐々木未来),コーデリア・グラウカ(橘田いずみ),畑亜貴,神前暁
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/06/23
  • メディア: CD



 ミルキィホームズ1話「屋根裏の入居者」を見ました。
 ある夜、ミルキィホームズは怪盗アルセーヌ一味をビルの屋上に追い詰めました。4人はそれぞれのトイズと呼ばれる特殊能力を使って捕まえようとしますが、相手もトイズを使って戦いを挑んできます。4人は奮戦するもあっさり逃げられてしまいました。その時、突然雷が落ちてきました。
 命に別状はなかったもののトイズを失ってしまった4人。今までトイズの力によって探偵として活躍できたので、トイズがなくなってしまっては彼女達はただの少女でした。いや、もっと正確にいえば、ただの劣等性に成り下がってしまったのです。
 そこにさらに追い討ちをかけるように会長のアンリエットは「3ヶ月以内にトイズが戻らなければ退学」という厳しい条件を彼女達に突きつけてきました。実はアンリエットは怪盗アルセーヌのことで、これで完全にミルキィホームズを立ち直れないようにしようというわけです。
 トイズをなくして何もできない4人は会長の言う3ヶ月以内にトイズを復活させなければなりません。しかも4人は今まで住んでいた所と違って屋根裏に住まわされました。そこは、ぼろぼろの部屋で今まで住んでいた部屋とは大違いです。

 かわいいキャラだけの売りの萌えアニメかと思っていましたが、1話を見た限り意外としっかりしたアニメだなと感じました。敵役・トイズという特殊能力と話を盛り上げる要素はしっかり盛り込まれています。3ヶ月以内と期限を限定しているので、これは1クールで作品が終わるということを意味しているのでしょうね。

雨上がりのミライ

雨上がりのミライ

  • アーティスト: シャーロック・シェリンフォード(三森すずこ),譲崎ネロ(徳井青空),エルキュール・バートン(佐々木未来),コーデリア・グラウカ(橘田いずみ),畑亜貴,神前暁
  • 出版社/メーカー: ランティス
  • 発売日: 2010/06/23
  • メディア: CD



探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]

探偵オペラ ミルキィホームズ【1】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



このページのトップヘ