新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

2010年05月

 けいおん!!2期8話「進路!」を見ました。
 進路調査票を出す時期なのに、唯はまだを提出していません。真鍋に「このままだとニートになるよ」と言われ、落ち込む唯。他の人のメンバーの進路希望を聞く度に、同じ進路にすると安易に答える唯でした。しかし、紬の志望する大学の赤本を見て、あまりの難しさにショックを受けます。唯は助動詞を覚える為の歌を100%覚えている割にそれをどうやって使えばいいのか分からない状態です。
 校内放送で、唯と律が呼び出されます。おそらく、進路のことと考えられます。その間、唯と律の昔話を軽音部の部室ですることにしました。真鍋も珍しく一緒です。真鍋は唯との出会いを話し始めます。幼稚園の頃に同じクラスという形で出会ったのですが、その当時から現在の唯とあまり変わらなかったようです。その後も真鍋は小学校・中学校・高校に行きましたが、その腐れ縁は続いています。
 やがて、唯と律が部室にやってきました。唯と律が呼びだされたのは、やっぱり進路のことでしたが、さわ子先生に責められるどころか逆に彼氏のいないことを指摘し、落ち込ましてしまったようでした。
 部室での雑談は、澪の昔話になりました。昔の澪は今にもまして恥ずかしがり屋でした。いつも本ばかり読んでいました。ある時、澪の作文が賞をとったので、その作文をみんなの前で読むことになりました。
 人前でしゃべるのが苦手な澪。律は澪の為に自分の家に呼んで特訓するにしました。しかし、練習なのに緊張してうまくしゃべれません。そこで、澪はパイナップルのまねをします。見ている人をパイナップルと思えば緊張しないそうです。律のアドバイスが効果を発揮し、本番ではうまくしゃべることができました。今まで律と澪はそんなに親しくありませんが、これをきっかけに親しくなりました。


 いつもは、けいおんメンバーのだらだらとした日常を描く作品ですが、今回は進路を決めているという人生にとっての重要なイベントが待っていました。進路を人任せにする唯はかなりいいかげんです。
 こういう話の流れだと、ふつうは進路が決まって、夢に向かって全力だ・・・みたいな感じで終わるはずですが、結局、未定のまま終わりました。そこらへんが「けいおん」らしさですね。
 最後に提出した進路調査票もさわ子先生から却下をもらいましたが、何を書いていたのでしょうか。気になります。

けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

けいおん!!(第2期) 9 (Blu-ray 初回限定生産) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray



ぴゅあぴゅあはーと

ぴゅあぴゅあはーと

  • アーティスト: 放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕,稲葉エミ,桜高同窓会,前澤寛之,百石元
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2010/06/02
  • メディア: CD



 鋼の錬金術師59話「失われた光」を見ました。
 中尉を人質にとられても大佐の答えはノーでした。人体錬成をする気はなさそうです。ピンチを救ったのは、スカー達。スカー達の活躍により、医者は捕らえられ、大佐達は助けられました。
 そこにやってきたのは、ブラッドレイでした。グリードにやられた左目はそのままでした。どうやら、ブラッドレイは落ち池から脱出したようです。大佐とブラッドレイは戦いますが、あっという間に大佐は右手と左手を剣で貫かれて、地面に張り付けにされました。さらに、プライドがやってきたことにより完全に形勢は逆転されました。
 医者を自らの体に取り込んだ事によりプライドは人体錬成の方法を自らのものとしました。大佐の抵抗もむなしく、プライドによって、強制的に人体錬成をさせられました。大佐は真理の扉を通って、エド達のいる地下深くにとばされました。大佐は人体錬成をした代償として目を持っていかれたので、失明してしまいました。
 一方、ブラッドレイと対峙するスカーたち。既に左目をつぶされている状態なのに、その圧倒的貫禄に勝てる気がしません。大きな気が地下深くにいる事を告げるメイ。それを聞いたスカーは錬金術を使い、地面に穴を開けます。単身メイが地下に向かいました。残ったスカーは単独でブラッドレイと戦います。スカーの強さを認めたブラッドレイは本当の名前を聞きますが、「名はない。捨てた」と答えます。
 未だ真理の扉の世界にいるアル。ついに自らの体と再会しますが、その体は痩せ細っていて、運動能力もなさそうでした。これから戦わなければならないのに、その体では、戦いようもありません。アルは自らの体を置いて真理の世界を出て行きました。
 アルは地下に戻ってきました。お父様は「5人そろった」と言い、自らの目的を果たそうとします。

 前回、「わかった」と言っていたので、大佐自ら人体錬成するのかと思っていましたが、大佐は医者の要求を拒否しました。しかし、まさか強制的に人体錬成できるなんて思いませんでした。強制的に人体錬成する方法は敵側にとって最後の手段のようですが、こんな方法があるならもっと早めにやっていた方が敵側にとってはよかったのでは?敵側にとって待ちに待った日に、言ってみれば間際になって、人体錬成をさせるなんて段取りが悪すぎます。大佐はずっと軍の監視状態だったのですからいくらでもチャンスはあったはずです。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [DVD]

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 10 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]

鋼の錬金術師 Festival '09 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アニプレックス
  • メディア: DVD



 聖剣の刀鍛冶2巻を読みました。
 独立交易都市ハウスマンに少女4人がやってきました。そのうちの一人であるシャーロットは、帝国の皇族を名乗る少女でした。残りの3人は彼女の従者です。目的は魔剣アリアの奪取でした。
 従者3人はセシリーと対決します。1対3の戦いなので、セシリーは魔剣アリアを使うことにしました。しかし、従者3人もそれぞれ、クレイモア・ロンパイア・ボロックナイフという魔剣を持っていました。セシリーは魔剣の風の力を使い、必死に戦いますが、負けてしまいます。魔剣アリアを奪われそうになります。その危機を救ったのは、またもやルーク。ルークは魔剣を精製し、一瞬で従者3人をやっつけました。
 シャーロットも既に捕まっていましたので、4人とも捕まってしまいました。公務役所に連れ出されたシャーロットは自らが皇族である事を主張しますが、市長は「それを証明してください」と言ってきます。シャーロットは皇族にのみ与えられる宝剣を見せます。宝剣は帝国に送り、シャーロットが皇族である事の確認を取りました。
 しかし、結果はノーでした。彼女は皇族と認められませんでした。このままでは、シャーロット達は、罪人として帝国に連れて行かれます。反対するセシリー。市長は仕方がないので、軍国に亡命する事を提案します。亡命してしまえば、帝国からの捕まえられる事はありません。しかし、シャーロットにとって、それは国を売る行為でした。

 ドリス・ペネロペ・マーゴットの従者3人との対決が魅力の2巻です。セシリーは3対1だからか一度は負けてしまいます。ここまでは、1巻までのセシリーと変わりません。しかし、ここからセシリーの見せ場です。セシリーは地道に努力を重ね、魔剣の新しい使い方を開発し、その技を自らのものにしていきます。
 この後も強い敵が現れて、その度に強くなっていくセシリーですが、その飛躍のきっかけとなったのが3人との戦いでした。いわば、この2巻はターニングポイントのようなものです。
 3人との再戦の前に、シャーロット含めた4人がセシリーの家で居候するエピソードがあります。4人だけでなくセシリーまでもメイド服になるので、その点ばかりが注目されているようですが、よく見ると4人の心の変化が見事に表現されているエピソードといえるでしょう。

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)〈2〉 (MF文庫J)

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス)〈2〉 (MF文庫J)

  • 作者: 三浦 勇雄
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2008/05
  • メディア: 文庫



聖剣の刀鍛冶<9>(MF文庫J)

聖剣の刀鍛冶<9>(MF文庫J)

  • 作者: 三浦 勇雄
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2010/05/22
  • メディア: 文庫



 こばと。9話「・・夏の記憶」を見ました。
 アパートに届いた夏祭りのチラシ。風で飛んでいたのですが、なつきという少女に拾ってもらいます。なつきにハンカチを借りたこばと。ハンカチを洗濯して乾いたので、こばとは返しに行きました。なつきは、女子高生でした。なつこの女子高に入ると、先生に呼び止められました。めんどうな事になると感じたいおりょぎに言われるまま、その場を逃げ出しました。その後、ゆきのという少女に出会いまいた。ゆきのの案内によって、やっとなつきに再会しました。洗ったハンカチを返すこばと。
 こばとはなつきの家に行きました。なつきの家に驚くこばと。なつきは、ゆきのと人間関係に悩んでいることを話し始めます。かつては手をつないで、学校に行くぐらい仲がよかったのですが、中学校になった頃から避けられるようになりました。高校になるとそれはもっとひどくなりました。なつきは、昔の頃のような関係に戻りたいのです。
 街中でばったり出くわしたなつきとゆきの。なつきは衝動的にゆきの悪口を言ってしまいます。偶然その場面にいたこばとはなつきの言動が許せません。文句を言いに家に行くと、なつきがストラップを探しています。どうやら、なくしてしまったようです。こばとがストラップを見つけてくれましたが、なつきは、実は自分の方がゆきのを避けていた事に気づきます。こばとが携帯のメールをうまく使って、二人の仲を元に戻しました。

 癒し。「こばと。」の作品の中で頻繁に使われる言葉です。かつては癒し系アイドルが流行っていましたが、最近癒し系アイドルどころか癒しという言葉自体あまり聞かなくなりましたね。今の時代の方が一昔前よりもっと不況なので癒しの需要は多いような気がするのですが、なぜかこの言葉流行っていません。
 今回はのこばとは無事二人を癒す事ができました。今までは、偶然相手を癒すことができていた感じですが、今回はこばとの活躍が目立ちました。いおりょぎが90点をつけるのも理解できます。

こばと。 1 (角川コミックス・エース 45-11)

こばと。 1 (角川コミックス・エース 45-11)

  • 作者: CLAMP
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/12
  • メディア: コミック



こばと。限定版 第1巻 [DVD]

こばと。限定版 第1巻 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川エンタテインメント
  • メディア: DVD



 順番がばらばらになったが、聖剣の刀鍛冶1巻の感想とあらすじです。

 セシリー・キャンベルは、独立交易都市ハウスマンの自営騎士団です。自らの剣が訓練中にヒビが入ってしまったので、打ち直してくれる鍛冶屋はいないか探していましたが、断られてしまいました。そこへ、浮浪者が暴れているとの連絡が入ります。
 すぐさま、現場へかけつけるセシリー。子供の頃から訓練に明け暮れたセシリーでしたが、初めての実戦なので、足が震えて実力が発揮できません。しかも、寿命がきたのか剣が戦いの最中、折れてしまいます。間一髪の所、突然現れたのは同世代の少年ルークだった。彼は独特の動きで、浮浪者の手斧の刃を切り裂きます。
 浮浪者に結局逃げられてしまいましたが、ルークの刀のあまりの切れ味に驚くセシリー。興味を覚えたセシリーはルークの工房リーザを訪ねます。工房リーザは7番街のはずれにありました。セシリーはルークに刀を打って欲しいと頼みますが、断られます。しかし、セシリーはあきらめません。自らが剣を欲しがる理由を話し、まず自分が剣を打つにふさわしい人物か見極めて欲しい。盗賊の討伐に参加する予定なので、一緒に傭兵として同行して欲しいと言います。セシリーに興味を覚えたルークは傭兵として同行する事にします。
 討伐隊は盗賊を発見することに成功しました。しかし、盗賊の一人が悪魔契約を行い、悪魔になってしまいます。悪魔と戦うのは始めてのセシリー。その圧倒的強さに驚きます。そこを助けたのは、またもやルーク。ルークは、不思議な刀をどうやったのか生み出し、悪魔と戦います。

 9巻を読んでから1巻を振り返ってみると、セシリーの弱さに驚いてしまいます。かつて悪魔契約を行使していたとはいえ、ただの浮浪者にやられてしまうとは・・・。話が進むにつれて無茶を繰り返し重ねていくセシリーですが、足が震えて力が出せないという状態。8巻でヘイゼルが始めての実戦で力を発揮できないのと状況が似ていますね。
 セシリーとルークの関係もこの1巻では出会ったばかりの状態。後半になるにつれて、お互いへの想いは強くなるのですが、この巻では、恋愛に発展しそうな感じは全然感じられません。刀を打って欲しいというセシリーを断るルークの態度に愛情のかけらも感じられません。しかも、競売の最中に現れた悪魔と対決場面では、「力を貸してくれ」とルークに土下座をしています。9巻の頃になると、ルークはそんなことをされなくてもセシリーを助けていますが、この頃のルークって冷たいと感じます。出会ったばかりなので、ある程度は仕方ないのでしょうけど。


聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (MF文庫J)

聖剣の刀鍛冶(ブラックスミス) (MF文庫J)

  • 作者: 三浦 勇雄
  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 文庫



聖剣の刀鍛冶 ULTRA-Microfiber BIGヒーリングタオル

聖剣の刀鍛冶 ULTRA-Microfiber BIGヒーリングタオル

  • 出版社/メーカー: ファーストクラス
  • メディア: おもちゃ&ホビー



このページのトップヘ