アドベンチャーゲームをやりたくてネットを検索していると、おすすめゲームとして紹介されていました。販売はスパイクチュンソフトです。ソムニウムの意味はよくわかりませんが、面白そうなので購入しました。
 プレイを開始すると殺人事件を扱うゲームだけあって全体的に雰囲気は暗めの作品です。ただ、所々にギャグをはさんできます。それもある程度のゲームやアニメを知らないと理解できないようなマニアックなネタを入れてきます。暗すぎる展開になるのを防ぐためなのでしょう。ただ、一部のギャグが空回りしており作品の雰囲気を台無しにしてしまってます。ギャグは適度に入れるべきです。
 選択肢を選んでいくと、エンディングになりますが、エンディングは一つではないようです。エンディングまできたからといって謎がとけるわけではないのです。3つのエンディングを体験したぐらいで疲れてきました。
 このゲームの前にプレイしたのはルートフィルムというアドベンチャーゲームでしたが、これは1520時間ぐらいでクリアできました。同じぐらいのプレイ時間がクリアできると考えていたので、余計に長く感じます。ネットを調べると、いくつかのエンディング後にやっと真のエンディングに進める事ができるようです。
 黎の軌跡が販売されました。これは軌跡シリーズの最新作です。こちらの方をやりたくなりましたので、ソムニウムファイルのプレイは一度、中止にします。黎の軌跡クリア後にプレイする予定です。






下記をクリックすると人気ブログランキングにいけます。
ランキングに参加しています。

アニメランキング