コルネリウス編の後はメルセデス編です。メルセデスは妖精の国の姫です。メルセデスと聞くと某自動車メーカーの事を思い出してしまいますが全く関係ありません。ここまでの主人公が姫・王子・姫と3人共王族です。身分がみんな高すぎます。ゲームの世界では王族がプレイヤーキャラである事は珍しくありませんが、ここまで王族が多い作品も珍しいです。
 メルセデスの武器は弓です。弓と言っても普通の弓ではなくサイファーでできた弓です。矢ではなくエネルギー弾を発射して戦います。空も飛べるので近接メインのアクションゲームではなく2Dシューティングゲームをしているような気分になります。ただし、すぐにエネルギー切れになってしまいますので地上に降りてリロードをしないといけません。この点がシューティングゲームとの違いですね。
 ストーリーは違うものの敵やMAPは同じです。コルネリウス編と同じです。敵のパターンも覚えていますし、遠距離で戦えるので攻略は簡単でした。ただ、少々、飽きがきています。


オーディンスフィア レイヴスラシル 公式エキスパートガイド
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
2016-02-19



下記をクリックすると人気ブログランキングにいけます。
ランキングに参加しています。

アニメランキング