新・情報錯乱

アニメ・漫画を中心にたまにゲームの事が書いているブログです

③3章
 サルバッドに出張する回です。サルバッドは中東風の街です。共和国は他民族国家という設定でしたが、2章の東方風のラングポートと今回のサルバッドと中世ヨーロッパとは違う文化を持つ街が出てくると他民族国家なのがよくわかります。
 リゼットが仲間になる回です。リゼットだけでなくジュディスがゲスト参戦する回でもあります。ジュディス本人としてではなく怪盗グリムキャッツとしての登場です。まぬけな言動と声からすぐにジュディスとわかりそうな気がしますがアニエスは全く気付いていないのが不思議なくらいです。軌跡シリーズでは仮面をかぶったりして正体を隠そうとする人がよく出てきますが、その大半がプレイヤーには正体まるわかりだったりしますが、今回もそのパターンを繰り返しています。
 続きは次回です。

英雄伝説 黎の軌跡 通常版
日本ファルコム
2021-09-30



下記をクリックすると人気ブログランキングにいけます。
ランキングに参加しています。

アニメランキング

③2章
 アーロン登場の回です。今までのシリーズにおいて共和国の中に東方系の人々がいる事は説明されていましたが東方の街が舞台となるのは新鮮です。厳密にいえば、クロスベルの東方街がありますが街の一部に過ぎません。
 ゲストはリーシャ・マオです。公式HPに出ていましたので登場自体は知っていましたので驚きはありません。お気に入りのキャラの一人なので再登場は素直にうれしいです。ただ、登場も終盤の最後に少しだけで見せ場もこれといってありません。リーシャが出てこなくてもストーリーが成り立ちます。今までのシリーズのファンへのサービスのために出てきた気がします。
 その姿もリーシャ・マオではなく銀としての登場ですが、服装は空の軌跡の時と違います。以前の時は全身を大きい服で体系も隠していて顔もわからないようにしていましたが、今回は顔は仮面で隠しているだけです。これでは正体をばらしているようなものです。女優としてのリーシャ・マオはアルカンシェルの看板女優なので一般人に姿を見られたら終わりです。隠す気はまるで感じられません。
 2章のラストではアーロンはアークライドの正式メンバーとなります。1章のフェリ加入と同じパターンです。半ば予想していた展開とはいえ、もう少し変化をつけてほしかったです。

 続きは次回です。

英雄伝説 黎の軌跡 通常版
日本ファルコム
2021-09-30



下記をクリックすると人気ブログランキングにいけます。
ランキングに参加しています。

アニメランキング

 4か月ぶりの更新です。黎の軌跡をクリアしたのは、ずいぶん昔の話ですが思い出しながら書いていきます。

 

 

①序章
 ヴァンとアニエスの出会いの話です。二人とも新キャラなのでプレイ当初は違和感がありましたが、徐々になじんできます。この頃のヴァンはアウトローのキャラなので言動もどこかぶっきらぼうです。話が進むにつれてスイーツ好きや意外とお人よしな面が前面に出てくるのでアウトローさがなくなってきます。
 ゲームシステムのチュートリアルもあるので重要な章です。

②1章
 フェリ初登場の回です。仲間が増えたので戦略性は増してきます。この章、最大の見どころは蛇の執行者であるヴァルターの再登場です。空の軌跡以降は、軌跡シリーズに登場していなかったので忘れ去られたキャラでしたが、久しぶりの登場に懐かしさを感じさせます。再登場時には執行者としての威厳がありましたが、1章終盤で出てくる頃には少し強いチンピラのようなキャラになってしまっています。空の軌跡ではジンと死闘を繰り広げていましたが、「その頃のヴァルターはどこへ?」と思ってしまいます。
 1章のラストでフェリはアークライドの正式メンバーとなります。

 

続きは次回です。

英雄伝説 黎の軌跡 通常版
日本ファルコム
2021-09-30




下記をクリックすると人気ブログランキングにいけます。
ランキングに参加しています。

アニメランキング

このページのトップヘ